キーワード
白紙の物語はいつか色付く フルキス☆Fate 後編









 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

 フルキス☆Fate 後編 

つきいろ絵本の感想前にこっちの感想を♪

一週間待つのは長かったです^^;
セーブにアリスのようなメモ書き機能がないので
前編のどのルートだかわからなくなっちゃいました(苦笑

最初は理事長一途プレイで!

・・・・・

BADENDになっちゃいましたぁ(゜□゜;)

今までフルキスラブラビでは、狙ってBADENDにさせてたくらい
スルーしてきた道だったのに!!

よりによって何故理事長で(泣

以下ネタばれ感想ありです。ご注意くださいね♪


【READ MORE】

まずなんで理事長BAD ENDになったのかを省みてみました(泣

やっぱりケンカパートで失敗したみたいです。。

反論→反論→反論→ビンタ→反論

冷静になって見返してみると・・・ダメなわけですね;

でも今までのラブラビの中で、私にとって一番難しかったです(><)
理事長は、ほんと「自分なんて・・」な考えなんだもん。
「そんな事ないです!」と反論したくもなりますよ~!

二回目でちゃんと出来たので、ここからは後編最初に戻って感想をお送りします(^^*)
(本文からの引用が多くて申し訳ないですが;)

これが理事長ルートと一哉くんルートになるんだろうなと前編で分けておいた
セーブデーターでしたが、どっちか忘れてて;(えっ?

これかな?と理事長ルートでプレイ開始☆

一哉くんがいきなり出てきて、一哉くんルートなの!?と焦りました;
シナリオでいくつか夢オチあるよね(^^

絢子さんから電話が掛かってきたときには、よしっ↑ってガッツポーズですよ♪
前編のインターバルで頑張ってほしいなと思ってたからね(゜v゜*)

喫茶店で絢子さんとお話です。

理事長は、むぎを今でも愛しているけど、それをちゃんと伝えることができない。
それは私たちのせい。だから私たちは、つぐないをしたいと思っているの、と絢子さん。

理事長とむぎの関係を、ちゃんと考えてくれています(><)
理事長に一哉くんとつき合えと言われてしまった事を打ち明けるむぎに、絢子さんは

葵さん(理事長)は、あなたに幸せになってもらいたいのよ

葵さんは、あなたを愛している。それをどう受け止めるかは、あなたの自由よ

とやさしく言ってくれます。。素敵な人ですよ!!2でもこんな女性だったら・・
いやいや、2の事件を経験したから今の絢子さんがあるんですよね、きっと。

むぎに選択肢で

理事長が好きです

を選ばせましたvv
一哉くんを選んだらどうなるんだろう??(←まだ未プレイ;)

話は進んで、絢子さんはこの二年間、嵯峨沢教授(理事長と中泉の恩師)のお世話をしていて
理事長達の事を教授から色々聞いているみたいです。
とくに

「教授、言ってた。隆行や葵さんは、運命は生まれながらにして定められていて変えようがないと思ってるって」

ここが主題のFateにつながるんですね。
そして、また絢子さんのセリフから抜粋ですが(多い

あなたにとって最初の運命を変えてくれたのは、一哉さんだった。
同じように・・・
あなたはきっと葵さんの運命を変えるキーパーソンなんだと思う。

うん、うん。一哉くんの助けはやっぱり大きかったよね(^^*)
・・・一哉くんルートに誘われそうになります(まだ我慢です;

むぎも自身の力でたくさんの事に前向きに立ち向かってきたから、きっと理事長を救えるはず。

中泉にも話を聞くように進められます。遠慮しても平気っぽいですがここは
行くしかない!行動派☆むぎ、レッツゴー!(笑

え!?絢子さん一緒に来てくれない;
さすがのむぎもちょっと不安そう。。
でも理事長の気持ちを知るため、病院へ向かいます。

病室前にて

中泉に「誰だ?」と聞かれて

「山」と答えるむぎがとても面白くて可愛いv

その後、「は?」と返す中泉も良いです(^^)b
あの2の緊迫した敵対関係は、今やコメディーに(笑

そこで理事長の事を聞きます。
中学時代に病気で母と妹を亡くして、父親も大学時代に心臓発作で他界。
自らの関与しえない運命の奔流に巻き込まれて生きてきた。
人に心のうちを明かさない。
孤独のうちに育った寂しい男。

こうして聞いてると、中泉は本当に理事長の事をよくわかってるんだなって思いました。
マイナス面もはっきり言える関係には深い絆があることを感じるりかんでした。
そして

葵は、お前のことを愛している。

言葉が足りないことを責めないでやってほしい

中泉さん(><)!!(さん付け笑)

確かに中泉は理事長を犯罪に巻き込んだ張本人で、理事長の幸せを願うのは
当然なんだろうけど、形だけじゃなくて心からそう願ってるのがわかるんですよね(++。)

フルキス2では(私の中で)印象が良くなかった絢子さんと中泉でしたが
このシナリオで一気に挽回、好印象まっしぐらです。

さらに、さらに

またむぎと中泉のやり取りで面白いものがっ(^m^)

他に聞きたいことはあるかと聞かれて
「昔の彼女について」を選ばせると
中泉もさすがに「・・は?なぜだ。」と驚き。

興味があるからです、の一言☆うん、潔いね!
私も興味あります(笑

「こうなったのは、すべて私の責任だ。話せることは話そう、でしょう?」
と中泉を言いくるめるむぎは、お見事です♪

その後も反応はどれを選んでも面白いけどお気に入りは
「理事長のタイプは?」ですかね^^
ショックをうけるむぎも素直で可愛いし、それをフォローする中泉も良い☆

さらに進んで、一哉くんから嵯峨沢教授が亡くなったという知らせを聞き
理事長の元へ!

狭心症で亡くなった教授。
理事長の両親がなくなってから、面倒を見てくれた。
恩を仇で返すばかりで・・教授に報いることができなかった。

そう言いながら涙を流す理事長が切ないです。。

そしてきました、ケンカパート!!ドキドキ(><)
今度は失敗しないんだから!!

反論→反論→反論→反論;→同意

どうやら
最後の嵯峨沢教授の事に同意すれば大丈夫っぽいですね。
同意→同意→同意でもあっさり進みました;

この後は、むぎの言葉に耳を傾ける事になります。

理事長は自分のせいで教授が亡くなったも当然だと思っていました。
自分の犯罪が、教授の心を締め付けた、と。

それに対してむぎは言います。

確かにそうですね、と。
でもだからと言って理事長が不幸に過ごしたら、教授はきっと悲しむ、と。

私がぐっときたのは

私も両親を亡くした時はすごく悲しかったけど、今は毎日笑ってます。
それを薄情だとか親不孝だとは思わない。あたしが幸せになるコトは、
両親の一番の願いだって知ってるから

というむぎのセリフでした。

むぎだから言えて、だからこそ理事長を救ってあげられる言葉になるんだなって思いました。

そして、理事長はむぎの事をあらためて愛してると告げます。
けれど

私では、君を幸せにできない
愚かでした。本気で幸せを願うなら、気持ちを受け入れるべきではなかった。

といって別れようとする理事長。

私は、君を不幸にするだけだ。その運命は変えようがない

それに対して運命は変えられる!というのがむぎ。
理事長の力になりたい!って(><)むぎに惚れちゃうよ、私(笑

19も年上の理事長が、むぎに支えてもらう事を不甲斐なく思う場面が可愛いですね。
もう、この辺りでこの二人は大丈夫!的な空気になってきてたので良かったです♪

それでも理事長は、しばらく考えさせてくださいって言うんだから
一筋縄ではいかない(苦笑


そして日は進んで卒業式。
・・・むぎ達の!?と一瞬フリーズ。このシナリオが二年後なの忘れてた;
そしてプロムがあることを利安さんから知らされます。

プロム、理事長と行ける!?

と期待しました、私(^^;

学園内を懐かしく思いながら周るむぎ。
理事長との思い出も思い出しながら・・・

そして理事長が迎えに来た事を夏美が知らせに来ます。

答えがでたんだ、どうしようと思っているむぎの背中を押したのは
夏美と学園長。こんな学園長いたらいいなぁ~と学園長の株またしてもUPです(笑

理事長は、むぎとの関係を続けたい、と答えを出しました(^^*)
そしてここへきてやっと正直に自分の気持ちを話してくれます。
犯罪をおかしてしまった自分の、先についての不安。
教授が亡くなった悲しみ。
いっそ死んでしまおうかと考えたのも事実。

そういう時に、むぎに頼るという発想がなかった。
自分の弱さを見せて、あきれられるのが怖かったから。
別れようと言ったのも、これ以上弱さを見せたくなかったから。

でもむぎは、年齢差や立場にとらわれず、手を差し伸べてくれる。

君を愛しています。

理事長っ(><)やっと言えたね!
だから別れようじゃなくて、だから距離を縮めたいっていう「愛してる」

その後の展開が早い気もしなくもなかったけど;
(CEROC要素の行いをしてて、プロムも行けなかったし;)
二年間ずっと想い合っていた二人が結ばれるなら私は満足です!

このシナリオは、むぎの強さをあらためて知ることが出来たと思います。
強くないってむぎは言うけど、そんな事ないです。
前向きに頑張れるむぎだから、周りの人達も力を貸してあげるし、
そんな周りの人達もむぎによって助けられてる。

今度は、あたしの番。
わたしが、愛する人を支えて扉をあけてあげるんだ。

カッコイイな、むぎ(><)
大好きな主人公です!フルキスの主人公がむぎでよかった♪

エンディング
瀬伊が理事長をおじさんって言っちゃった(゜□゜;)!!
37歳だもんね、でもおじさんでも理事長ならok(笑
絢子さんと中泉はほのぼのしてました♪
この二人はいつまでもこのままでいて欲しいな。
そして

一哉くんが切ない・・・。

やっぱりセカンドルートはおいしいだけじゃないんだね(;;)
次やるから待ってて!!

インターバル「名前」
シナリオ内で、二人の幸せな様子があまりなかったから;
嬉しいインターバルでした(^^)
いつまでもあだ名みたいなものだからと「理事長」と呼ぶむぎに、変だと言う理事長。
それに対して敬語をやめてくれたら良いというむぎ(強い、笑

努力していきましょう
    ↓
努力します
    ↓
努力・・するよ

か、可愛いよ理事長(>v<)/(笑

インターバル「運命の扉」
理事長と中泉のエンディング後の会話です。
絢子さんという支えがいる中泉に
むぎという支えがいる理事長

四人でずっと仲の良いお付き合いを続けて欲しいなぁ(*゜v゜*)

さてさて、すっかり長くなってしまいました;
一哉くんルート感想は、また後で!


案外一哉くんルートが短めだったので、一緒に書くことにしました。
(下に長い日記ですみません;)

【一哉くんルート】
絢子さんと喫茶店で会って

一哉くんに会ってみる

を選びます。

一哉くんは、御堂グループの会社をまた二つ引き継ぐらしく、
そのお披露目会(パーティー)に出席することを絢子さんに教えてもらいます。

その後、絢子さんが

むぎと理事長の事に胸を痛めてます。

隆行が愚かだったから・・・。
私が愚かだったから・・・。

あんなことがなければ、普通につき合って、絆を深めていたでしょうって・・。

うわぁ~ん;やっぱり二人目になるのはキツイなぁ><
思えば2の皇くんルートに入るのも悲しかったし;
フルキスキャラは皆好きなので、乗り換えるのは・・・私には厳しい↓
でもせめてラブラビはフルコンプを目指してるから、頑張らなくちゃ!

その後のむぎの選択肢

「出会えてないです」

は、選ぶ前は何のことかわからなかった私;

中泉さんがいなければ、あたしと理事長は出会ってないですよ

って言ったときは、そういうむぎに泣かされそうに(;;)
やっぱり理事長ルートに戻ろうかな・・(→後の選択肢で戻れたました。)

いや、ここは一哉くんルートで☆
正装でいきなさいと絢子さんに進められて、
プロムの時のドレスを着ていこうというむぎ(^^*)
あのドレス、可愛くて好きです♪むぎにあってるし、スチルでるのかなって期待vv

さて、一時間遅れで会場に到着。

2で見たことあるSGのようなガードマン(笑)に引き止められるも、
無事中にはいれたむぎ。

そこでは、一哉くんがお見合いするやら、魅力的になったやら、結婚を考える年やら
様々な雑談が聞こえてきます。

話から、美月さんという人がお見合い相手なのかなと推測するむぎ。

美月さんって誰なんでしょう??
2では、でてきてないよね?
ここで名前だけでてくる人かな??
すみません;私の記憶力は乏しいんです(泣

話は戻って、

こんなトコで、いったいなにをしてるんだろう

と感じてるむぎに声が掛かります。

き、きた~!!!

一哉くんです(゜v゜*)
登場のタイミングも申し分ない☆さすが!

どうしてここに来たのかと一哉くんに聞かれて困惑するむぎ。

ただ話がしたくて・・・と思っているむぎを
一哉くんが手を引いて会場を後にします。

お前の話を聞くほうが大事だからな

と言って、パーティを抜ける一哉くん。輝いてます!
手をつないでるところを、皆に見られて騒がれても構わないとも言い切っちゃうしね^^

その後、二人きりになって、むぎがお見合いの事を聞きます。

誰でもいいんだ、別に
・・・好きな女が手に入らないなら、誰と結婚しようが同じだ

この一哉くんの投げやりな部分が、聞いてるとほんとに切なくなってきます。うぅー><)

絢子さんから一哉くんが自分を好きと言う事を聞いていたむぎ。

一哉くんって、あたしのコトが好きなの?

と聞くと

なぜ、そう思う?

と、切なく問い返されてしまったよ(゜□゜)!!

どの選択肢を選んでも(やさしいから、見る目が違うなど)
一哉くんがつくため息がまた切ない・・。

東條さんとなにかあったのか

うわ、一哉くんはやっぱり鋭い!

わざわざ俺に会いに来るほど
不安なことがあったんだろ
言えよ

文だけでみるとキツイ感じだけど、
言えよの部分は特に優しい言い方してて、切ない(私、切ない言い過ぎ;)

話すとそのまま進みますが、
黙ってるを選んでみると

こら、黙っていたらわからないだろ。
怒らないから、言え。

・・ものすごく2の一哉くんルートをプレイしたくなりました。
一哉くんのこういうセリフ大好きです(笑

むぎは理事長に一哉くんとつき合うべきだと告げられた事を話します。
そして一哉くんに、何を求めて俺のところへきたのか聞かれ、

とにかく合って話がしたいと思ってたむぎは、わからないと答えます。

そしたら一哉くんのキス!!

結構いきなりで驚きました。スチルないのが悔やまれます(泣
むぎのドレスも見れないよ~(><。)

どうしてこんなコトするの?

こう聞き返すむぎは、ぼうっとしちゃってるんだろうなぁ。

好きだからだ。もうずっと長いこと。

一哉くんの片思いの辛さがひしひし伝わってきます。

そこからは・・・もう一哉くんが熱いです。一哉くんの囁きにやられてしまいます(苦笑

もう止められない。
嫌なら拒めとかそんな声で言われたら、余計拒めなくなるよ~(>□<)

そこで一哉くんを拒まなければ、
一哉くんENDです。

最後に

お前は、俺のものだ。

という一哉くん。一哉くんENDなのにちょっとほろ苦いのは、
セカンドルートで、むぎが理事長を忘れてないからなんだろうな。

(そしてそのセリフでレニを思い出した私は、いまだUTM熱が続いてる^^;)

そして、一哉くんの手をとってアメリカに行く事になります。
インターバル「忘却」では
出発前の二人。

俺は、無理矢理奪っただけだ
そう簡単に心までもらえるとは思ってない

そう言ってしまうとある意味片思いの延長だけど、でも
むぎが一哉くんの傍にいる事を決めて、隣にいてくれてるから
きっとそれは時間の問題だと思うな。
セカンドルートでも、やっぱり幸せになって欲しい^^*

話は戻って

拒むを選ぶと
一哉くんは頭を冷やしてくるといいます。
むぎが自分は誰が好きなのか、悩んでる。
理事長の事、二年も想ってたんだもんね(;;)
そう簡単には割り切れないよね><

その後、理事長ルートと同じように、一哉くんから電話が。
教授が亡くなった事の知らせでした。
でも理事長ルートとはちょっと会話が違いましたね。

理事長の元へ行くのを戸惑うむぎに

俺のことは気にするな。
心をよく見て、自分の意志に従え。

と助言する一哉くん。
むぎとの位置が微妙になってる時でも、
むぎのためを思っての言葉をくれる一哉くんは、本当に出来た人だよね。

ここで、わかった、行くよを選ぶと理事長ルートへ。

手に入るインターバルは「長い片思い」(なはず;)
一哉くんの一人語りが切ない・・。
フルキス1の時から、むぎをずっと思っていたことがよくわかるし、
これからもむぎのしあわせのために、影ながら支えていこうと決めてる。

・・・一哉くんのシナリオが早くやりたくなってきた。
こんな一哉くんが、幸せになれるシナリオ、本当に待ってます。。

行かないを選ぶと一哉くんについていくルートに。
大事な事を理事長はむぎに教えようとはしなかった。
その気持ちが、信じられない。
その時点で終わっちゃったんだというむぎは、一哉くんの手を取って生きていくコトに。

こっちは、一哉くんとアメリカに行く事にきめて
もう二度と会う事もないだろう初恋の人、理事長の幸せを願い終わります。

手に入るインターバル「深夜の会話」(なはず;攻略には自身がない私。。)
麻生が作ったチャットシステムに、
妖精のHNで入室する瀬伊(カワイイ)と松川さん。
麻生と瀬伊のやり取りはとても好きですv良いコンビだ!
そこに松川さんが入ると、バランスが取れる・・訳でもなく(笑)
松川さんは挨拶して、すぐ落ちようとするし。
私の中で松川さんはチャットやるタイプじゃないからあっさりしてても別にいいや(笑

そんな三人の中で話題に上ったのは

一哉がついにむぎちゃんを落とした話。(BY 妖精)

麻生が驚いてるのとか、

一哉の略奪愛(BY 妖精)とかおもしろかったな。

声があったらもっと良かったのに(贅沢)

とりあえず東條 葵シナリオはこれで終了です^^
だらだら長くて本当にすみません;
お付き合いしてくれた方、どうもありがとうございます!

一哉くんシナリオでは、もっと上手く感想かけるようにがんばりますね☆

[ 2008/02/28 02:49 ] 乙女ゲーム | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://wonderutarm.blog52.fc2.com/tb.php/8-54b8df30














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。