キーワード
白紙の物語はいつか色付く 花と悪魔 (花とゆめCOMICS)









 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

 花と悪魔 (花とゆめCOMICS) 

なんだかブログを始めて調子に乗ってたくさん書いちゃってますね;
すみません、しばらくしたら落ち着くことができると思います(><)

今日は本屋さんに行きました。

購入したのはスキビ、花と悪魔です(^^)
スキビは1巻から買っているのですが花と悪魔は衝動買いです♪

花と悪魔 1 (1) (花とゆめCOMICS)花と悪魔 1 (1) (花とゆめCOMICS)
(2008/02/19)
音 久無

商品詳細を見る



もう、最近悪魔という言葉に反応しすぎで困ります(^^;)

帯に

悪魔と一緒に暮らさない?

悪魔(200歳!)と人間の女の子(14歳)

とか書いてあったので手を伸ばし・・。

しかも音久無さんといえば、花ゆめを買っていたときに読みきりの「多彩信号」
が大好きになって、今でもその本誌を手元に残していたので運命を勝手に感じてました(笑

花ゆめは、5年間買い続けていた雑誌だったんですけど、大学生になってしばらくして
買わなくなっちゃったんですよね(コミックスは買い続けてますが)

ここからは『花と悪魔』のマンガ感想です。
やんわりネタばれ+個人の感想ですのでご了承いただける方のみお進みくださいm(><)m
【READ MORE】

『花と悪魔』

絵柄は可愛い系です♪

悪魔と月と城と薔薇

私のトキメキピクチャーがちりばめられています(^^*)

魔界から地上にやってきた悪魔ビビが、人間の赤ちゃんを拾ったところから物語はSTART☆

一巻の主な登場人物は
ビビ:200歳の悪魔だけど、外見は18~20あたりかな?
はな:ビビに拾われた人間の女の子。14年間一緒に生活しています

トーニ:ビビに仕えるけなげな裏方さん。屋敷内の執事的ポジション
フェルテン:自称ビビの友達(ビビは知り合いというが満更でもなさそう)
クラウス:ビビとは子供の頃から付き合いがある。ライバル視してるみたい。
二条さん:ビビの正体を悪魔と知っていて、地上で唯一血をくれる女性

ちなみにはなと二条さん以外は悪魔です。
花ゆめ本誌では、柱の登場人物紹介があるらしいので(コミックスにはなかった;)
やっぱり本誌読みたいなぁ。詳しいプロフが知りたいよぉ><

・悪魔は昼間が嫌いで、触れると花を枯らせてしまう(by ビビ)
・悪魔は人の生き血が好き(byビビ)
・血を飲まなくても死なない(byトーニ)ただし、ビビは飲む(でもはなからは吸わない

・魔界は魔王(この世界の魔王はどんな人なんだろう!?魔王といえばレ・・←暴走中;)を頂点として構成された縦社会で、せち辛い(byクラウス)

一番好きなキャラはやっぱりビビですね。

黒髪に切れ長の目に弱い私です;
いつもは不機嫌そうなのに、時折はなに微笑んでくれるんですよね。
はなを大切に思っている故にどうすればいいのかわからなくなって悩む姿が切ないです。


一巻で心にぐっと来た台詞は(以下反転です)

なぁ はな

俺達は

たった150年後の満月を一緒に見ることさえ叶わない



ですね。人間と悪魔という種族の違いが、これからどうなっていくのか気になります><
幸せになって欲しいなぁ。

はなは、14歳らしくとても可愛いですv
喜んだり怒ったり、素直さが表情にでていて、ビビの事に一生懸命。

ビビが血を吸ってるところをみて悲しんだり、自分に触れてくれない事に悲しんだりしてる姿を見ると可哀想になってきちゃいます(T T)

他のキャラも良い味を出しているので、今後も読んでいく作品だと思います♪
長く連載が続いてくれるといいな☆


本気で花ゆめを買おうか迷ってます(言うの3回目;)

スキビ、学アリ、NGライフ、オトメン、アラクレ、キラメキ☆銀河町商店街、幸福喫茶

はコミックスで買ってるので(あれ?別冊花ゆめの作品も混じってるかな?)
この中でまだ連載している作品が結構あれば、また購読しようと思います。

月三冊買ってる音楽雑誌を減らせば買えるはず;

でも一番の悩みポイントは、レジにもって行きづらい事だったりします(^^;)



[ 2008/02/20 23:31 ] マンガ感想 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://wonderutarm.blog52.fc2.com/tb.php/5-5c2b0102














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。