キーワード
白紙の物語はいつか色付く 藍丸捕物帳 鏡丞ルートクリア感想









 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

 藍丸捕物帳 鏡丞ルートクリア感想 

やっぱり紅天好きすぎます(・∀・)ノ
ストーリーがキャラ毎に独立しててイイ!
主人公@藍丸が可愛すぎるv
男前なのに可愛いなんて反則だー。

そんなわけで紅色天井艶妖綺譚 藍丸捕物帳
絶賛プレイ中です。

紅色天井艶妖綺譚 藍丸捕物帳紅色天井艶妖綺譚 藍丸捕物帳
(2010/08/27)
Windows

商品詳細を見る


初回は実は新キャラ鷹比佐にいっちゃいましたが
今回は鏡丞ルート感想です(・o・)ゞ



本編からFD。
ひとまず鏡丞と藍丸の道筋は決まりましたね。

……

ああ・・・2人は幸せだったって、
はっきり思えました。

でも、だからこそ
切ないし泣きたくなる。

誰かこの想いをなんとかして―!!!(爆)
まるで他の事に手がつきません

紅天本編後、

鏡丞については全然
心配してなかったんですよ、私( p_q)!!

優しく強い。

今後もあれよあれよと、
なんとか出来ちゃうんじゃないかと思ったくらい。
ある意味最強だなって感じた存在です。

桜螺のが大丈夫かなぁ
って気になってましたもん(>_<)

でも、SSやドラマCDでかいまみえる気持ちに
だんだん不安になり―…

気づけばFD発売で、一番心配になってたの
鏡丞だったよ―( p_q)

紅色天井艶妖綺譚SS集「九重」紅色天井艶妖綺譚SS集「九重」
(2008/12/26)
LoveDelivery

商品詳細を見る


この中の鏡藍話「壺中の蠱」が特に
FDにリンクしてますよね。。。


正直いって
私が期待してた方向には
いかなかったけど。
切なくてどうしようもないけど。

この結末が悪いとは全然思えないんですよね。

この結末を迎えるからこその、
2人だけの共有出来る想いや幸せもあったわけだしね。

ハラハラしたけれど、
私はやっぱり鏡藍CPが一番好きだなぁと再確認。

そんな訳で、紅色天井艶妖綺譚 藍丸捕物帳

鏡丞ルート感想です。

ネタバレありなので、
未プレイの方は気をつけてくださいね
【READ MORE】

鏡丞はずっと藍丸と一緒だと
そうあって欲しいと思ってたんですよ( p_q)

けれども彼らは選びましたね。

限りある時間を精一杯一緒に生きること。


私、鏡丞は絶対人外になると
思ってたんですよ
しかも、さりげな~くなっちゃうのかなと!(←ポイント)

でもFDでは葛藤しまくり。これは辛かった―…。


病んでる鏡丞が痛々しくて、
それを見てる藍丸ももうね(;_;)

もうどうなるの、この2人は!?状態でした。
じわじわときて所々泣いてる私。

もちろん
ところどころ萌えてましたが(*´∇`*)えへ!
鷹比佐の前でのいちゃつきとかね!
もっとやってと思ったww
これは後で沢山語ッてます!(笑)

まずは物語。
天狗が子供を連れ去っている!?
の事件を解決しに、天狗のいる山に行く2人。

話の途中に雷王に本を貸してもらった
と鏡丞が言ってるのですが
読書の趣味が似ていてねとさらり(*≧∀≦*)ノ
やっぱり2人は本編の時からエチ本仲間?(爆)

さてさて歩いていくと
そこには子供と遊ぶ鷹比佐がΣ(゚∀゚*)
私は鷹比佐ルートやってたので
微笑ましく見守ってましたが
藍丸達は鷹比佐の前に立ちはだかります。

が。しかし当然鷹比佐は子供攫いではないので
藍丸と鏡丞は子供達から反撃をうけます(笑)
2人してぼろぼろになってる様子を想像すると
なんかほんわかしてしまう(*≧m≦*)

鷹比佐と話をする藍丸達。

藍丸が鷹比佐の長い名前を
「からす・・・たか・・・ま、まあいいや」
で済ませるのに対して(かわいいー!)
恭介がきっちり
「烏丸五郎丸鷹比佐とやら」
って言えちゃうのがなんだか良い感じ。
うん。バランスって大切ですw
って、こんなトコでもニヤニヤしてる私(笑)

鷹比佐から事情をきき
子供を無事に返して一安心。

鏡丞の家@藍丸屋敷(笑)に戻ります。

一つ目可愛いー!
鏡丞のお膝に乗っちゃうとかww
紅天の一つ目ってラブリーすぎて困る。
今までの私の一つ目のイメージが
ガラリと変わりましたもん(・∀・)ノ

鏡丞の妹@玉枝も元気になってきてて
良かった!

そして、出た!鏡丞の弟話。
鉄之進(。°ー°)σ
SSでちゃっかり登場してるので
今回出てくる!って期待してたりしました(笑)
いつか出てこないかなぁ。

若干ここで藍丸が不安がってるんですよね。
でも、この言葉に私はドキドキしちゃったよ!

―いつもの鏡丞だよな。

―大丈夫だ、大丈夫。

鏡丞は強い。
誰よりも不屈の、しなやかな心を持っている。

人にせよ妖にせよ、弱い者ほど自らを
内包する闇に心を侵食され、やがて堕していく。

しかし鏡丞に限って、そのような事はありえない。

鏡丞は強い。
藍丸の知る他の誰よりも、強いのだ。


人間だけど、あの藍丸に強いって
思わせる鏡丞!
なんだかそれだけで萌えちゃいます。
と、萌えてばかりではいられません。

藍丸の胸のうちにある不安とともに
だんだんと鏡丞がー( 。´△`)!


次の日。
藍丸達は再び鷹比佐の元へ。


そこには、泥の子がおりました。
この世のものではない
行き所を見失って迷ってる不浄なもの。
途方も無い罪を犯をおっている。

そんな泥の子にまで鏡丞は優しさを見せます。
なにかしてやれることはないかと鷹比佐に聞くと

明日此処に来る町の子供と遊んで欲しいとの事。

祭祀に必要な陽の気=子供の笑い声だそうで
陽の気が満ちれば泥の子の穢れも薄くなって
いくかもしれないんだそうです。

そうして鏡丞と藍丸は引き受けます。

そんな2人に礼をするという鷹比佐。


選択肢
→礼ってなんだ?

を選ぶと一見ハラハラモード・・・になります。

鏡丞が不老不死の薬は作れないのだろう?
と鷹比佐を挑発!
当然鷹比佐は怒ります(´・ω・`)ハラハラ!

そこに入るのが藍丸!!!

「あーあー、鷹比佐、すまねぇ。
許してやってくんな。こいつ大身旗本の次男坊でよ。
色々世間とずれてんだ、な?
俺に免じて、この通り」

両手を合わせて謝りますw
鷹比佐も藍丸に免じて
「今後慎めよ」と許してくれる。

藍丸「ああ、分かった。
鏡丞も悪気があったわけじゃねぇ。
ほんとは芯の優しい奴・・・うっ?」

鏡丞「藍丸、嬉しいよ」

横から鏡丞の腕が伸びて、
絡み付いてきた


そのまま、
いとしくてならないと言わんばかりに
藍丸の髪に頬を摺り寄せる。


注:目の前に鷹比佐いるからねー(笑)
おかまいなしです(*≧m≦*)○


鏡丞「君が人前で私を庇ってくれるなんてね。
こんな事、初めてじゃないのかい?」

藍丸「だってお前、見ちゃいらんねえぜ。

ここの藍丸の声が甘いー!!!(爆)
なに!これ!
まったくしょうがねぇなぁ
と愛が入っちゃってますよ(´∀`*)きゃー!

更に更に!!!!

「鏡丞は洒落のつもりか知んねえけど、
それで相手を怒らせちまったら、
かえってお前の損だろうが」

思いっきり庇ってる!
むしろ鏡丞しか見てないっO(≧▽≦)O

これには鏡丞もたまらないでしょ!!!
更に更に止まらない!!

鏡「藍丸の言う通りだ。気をつける」

藍丸「ったく、しょうがねえなぁ。
俺がいなきゃお前、世の中渡っていけねえぞ?」

藍丸、殺し文句炸裂(°Д°***)!!!
成長したなぁ(ニヤニヤ)

鏡「君がいなければ、
それこそ生きてさえいられないよ」

鏡丞も負けてないわーwww

完璧2人の世界です。
素敵な睦言です。
鷹比佐もそりゃため息ついちゃうわ(笑)

鷹「いい加減にしろ、お前達。
いつもその調子なのか」

藍「ん?まあな」

鏡「そうだか?」

あっけらかんと答える2人
グッジョブ(´∀`*)

もうかなり大好きな場面★
FDありがとうーO(≧▽≦)O
ニヤニヤ、
バンバンしてました―ww
ラブラブな2人を
見るのがやっぱり幸せ


さて気を取り直して
鏡丞ルートは大きく2つに別れましたね。


・お嬢さん(玉枝)を救うルート


・泥田坊&宗也の魂を救うルート

更に
→宗也からのお嬢さんへの伝言を聞き届け、
その後お嬢さんへの縁談話で、
宗也はお嬢さんの子供として生まれ変わるんじゃEND

→泥田坊&宗也の魂を見送り、
その奇跡を目の当たりにしたんだから
・・・TRUEEND。

うん。今回、BADエンドないのかな。
鏡丞は3つエンド見たけど、どれもGOODだったかなと。
一応エンドロール有りがTRUE扱い、ですよね。

でも他エンドのやり取りもその後普通に起こってそうです

特典CDには、その伏線があったし
(藍丸のために自分の物や屋敷を残そうと、
一紋と鏡丞がせっせと準備とか)
(宗也とお嬢さんが転生して結ばれてるとか)

というかまさか
FDで宗也救済があるとはっ(>_<。)

だって本編では
もう転生さえ出来ないとされてたんだもん!

これだけで、私嬉しくて!!ありがとう―!
ラブデリさん!!


さてさて
どのルートも
鏡丞が藍丸と一緒にいたいために思い悩むんで
少し病んでる( p_q)
心根は強くて優しい鏡丞だからこそ、
切なくなるなぁ。。


玉枝が絡むルートでは
鏡丞についていた悪霊にとりつかれ
た玉枝が、宗也の亡霊に誘われ、
死んでしまいそうになる…。

玉枝の元に急ぐ藍丸たち。
そこには楽しそうに
宗也の名を呼ぶ玉枝。

けれどそれは宗也じゃない。
寄り添う影は髑髏・・・・。


「玉枝ーっ!!」

妹を心配して
叫び、部屋に飛びこむ鏡丞の必死さにじんときた。

取り殺されるぞ、と
必死に訴える鏡丞。
でも玉枝はそれでもいいと言って
聞かない。
この人が悪霊だって構わないの!という。

「玉枝・・・・」

鏡丞の激情が消え
純然たる殺意を見せる。

ここの剣を構えるスチルが美麗すぎ!
鏡丞がすごく凛々しく綺麗でした。


鏡「そこをどきなさい」

玉「厭・・・お兄様やめて、厭です・・・」

鏡「藍丸」

視線で藍丸に、玉枝を引き離せと
促す鏡丞。

妹のために、
たとえ悪霊であっても
宗也の面影が残るそれを、切る。
その静かな覚悟と姿が
凛々しくて仕方なった。
優しい鏡丞だから、
本当は自分も斬るのは嫌なのに。
鏡丞~( p_q)


事が起こるまでは、鏡丞も
妹と同じようだったんですよね。

妹のように多少病んでも、
愛しい者と過ごせるのは
何より幸せではないか…

藍丸と一緒にいられるなら、人間を止めてしまおうか…

藍丸と別れたくないのがね、もうヒシヒシと
伝わります(。´Д`)

だけど、妹を助ける時の、

あの覚悟を決めた真っ直ぐさ!!

妹のために必死だだったんだろうけど
同時に鏡丞も、自分自身の葛藤から
あぁ、抜け出したなって思わされました。

あれこそ鏡丞の本質なんですよね。
藍丸もそりゃ惹かれずにいられないよ、うん。


本編の頃の鏡丞を思い出して、鏡丞はやっぱり
病んでないほうがいいなって感じました。


場所は変わって宗也のお墓。
鏡丞は、君をもう一度死なせてしまってすまない。
と詫びていました(><。)

藍丸に告げます。
自分は弟に、無心していた。

“永久の命”を。

藍丸のために

「私は君よりもはるかに早く死ぬだろう。
命を失う時が、君を失う時だ。
私はそれが、何よりも怖かった・・・今も怖い。」

鏡丞ー( p_q)!!!
あぁ、鏡丞の告白がつらいんですけど!!
分かっていたけど
口にされると余計にねー・・。

「だから人をやめてもいいなんて考えたのか。
お前、馬鹿だ、鏡丞。」

藍丸の「馬鹿だ、鏡丞」の言い方がこれまた
( p_q)

もう一度宗也を殺して・・
妹を再び絶望に沈めて
鏡丞はようやく気付いたそうです。

さだめに逆らって得るものなど、
所詮まやかしだと。

そして、自分に言い聞かせるように
今までのどの言葉より強く言い放つ。

「私は人間なのだ、藍丸。
どんなに足掻こうとも、永遠の命を得ることは
出来ない。」

わかってはいたんだろうけど
人間として生きることを
本当に覚悟したんだよね、鏡丞。

・・・いやでも、鏡丞人外バージョンルート
が本気で欲しいと思った私がいたり!!
って、ここでこんな事言ったら台無し(´∀`*);
すみません(苦笑)今のナシで!

でも、
二人の会話が切ないわ―(。>_<)

そして藍丸の静かな告白。
もうね、鏡丞の心にずしっとくるよね。

「俺は多分、お前が人間だから惚れたんだ。」

「自分もいつか死ぬし、いつか狂っちまうかも
しれないって分かってるから、お前は誰より
優しくて強いんだ」

「だから俺は、お前を好きになった。
お前が人間だからーー」

いつか死ぬと分かっていても、惹かれた。
恋に逆らう事など、出来はしなかった。

↑既にここで、号泣してました、私(^^;)

「・・・うん。
・・・・辛いね」

答える鏡丞。
もうー!泣いていいんだよ、
鏡丞ー(。>Д<)ノ
きいてる私のがぼろぼろ(苦笑)

「しょうがねえよ。
惚れちまったつけだ、お互いにな」

本編での桜螺ルートもそうだったけど
こういう時の藍丸の暖かさというか、
器の大きさにはなんだか安心させられる。

「藍丸。
命ある限り、君を想うよ」


ー鏡丞、どうか。

藍丸は生まれて初めて、祈りを知った。

どうかどうか。

優しさと強さが、何時までも鏡丞のもので
あるように。
藍丸が側にある限り、決して再び、鏡丞が
惑わぬように。


この藍丸の祈りの文章が
涙腺崩壊をまねきますよね。
藍丸は、鏡丞の優しさと強さに
本当に惹かれてるんだなぁって考えたらー・・。
胸が苦しい!!!


2人は決意した。
同じ痛みを抱えてこれからも生きることを。
死が二人を別つ、その時まで。

あぁぁっ!!!
鏡丞ルートがこんなに切ない攻めに
なるなんて思ってなかったー( p_q)

でも、上手く言い表せないけど
二人はきっと幸せに過ごせると
思うから。
私も暖かく見守りたいと思います。うん。。
あぁ、でも人外るーとー・・・
(まだ言ってる)

後日

藍丸がごろんと昼間から優雅に過ごしてると
鏡丞がやってきます。

自分がいつ死んでも大丈夫なように
身辺整理をはじめだしちゃうんですね。

病んでる時に聞いたら、止めて―と思うけど
今の鏡丞はいたって朗らか。

妹や藍丸、大切な人のために少しでも何かを残したい…

そんな優しさで溢れてたから、私も安心してみてました(*^_^*)


ついには藍丸をほっぽって、一紋と準備を始めてる鏡丞(笑)

鏡丞は妖と仲良くやってるのも、魅力の一つだよなぁ。

最後にそんな微笑ましい1日が見れて満足です

ちょっと藍丸がギャグチックに
終わって笑っちゃったけど(*´∇`*)

これが特典CDに繋がる―…
と思うと!!!!!


だめです。
また泣いちゃうよ( p_q)











藍丸の言葉を借りるけど、
鏡丞


本編発売前は

絶対あの爽やかさには裏があるっ!!
とか

豹変しそう!!

とか思っててほんとにすみませんでした。
心の底から謝らせてください。

鏡丞は優しくて強い。
これがデフォルトです。



[ 2010/08/30 23:16 ] 紅色天井艶妖綺譚 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://wonderutarm.blog52.fc2.com/tb.php/465-c7c8f12e














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。