キーワード
白紙の物語はいつか色付く 久しぶりにフラゲ(*´∇`*)・・でも。









 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

 久しぶりにフラゲ(*´∇`*)・・でも。 

今日は仕事も早く終わって
あ!調子いいっd(゚∀゚*)
と思って帰宅。

8時に家に帰れました~(´∀`*)
明日と明後日もこの調子をキープしたい!
二世と藍丸が私を待ってます(笑)

そんな中、今日家には宅配便がきてました。
ちょうどゲームが入ってそうな荷物!?

開封してみると・・・


ま さ かの

DVC00120_20100825215551.jpg


薄桜鬼 随想録 ポータブル

(´・ω・`)!!
私、PS2版もPSP版でも
本編ちょこっとしかやってないんですよ。
PS2版の随想録も未開封のままなのですよ。

そんな状態で出来るわけないー・・・。
だから!だから届いたのか。
積みゲが恨めしいです。
久しぶりにフラゲしたらこんな感じでした。
大人しく二世の契りと紅色天井艶妖綺譚FDを
待ってようと思います。

どちらのカウントダウンも佳境を迎えてます!
ドキドキものです。

紅天FD、もうそろそろ
藍丸が登場してもいいと思うのですが・・・

主役は遅れてやってくるのかな。

と思ったらきてましたー(*゜∇゜*)☆★
藍丸やっぱり可愛いなぁぁ!!!!
今回は金鍔数えなかったか(笑)

そして
緋王様の声が一瞬分からなかったorz
秘王様であってる・・よね。

本編やり直してくるべきかなっ(^^;)
反省。
実は、未だに緋王様がちょっと怖いのです(爆)



二世の契りは墨絵風な彼らが
格好良い!!!!
これでゲームも全然いけるかも(え)

テンションがあがったので
ARIAの二世の契りCDを聴きました。
雑誌代=650円=二世の契りCD74分。
太っ腹な雑誌ですねΣ(゚∀゚*)

ARIA (アリア) 2010年 09月号 [雑誌]ARIA (アリア) 2010年 09月号 [雑誌]
(2010/07/28)
不明

商品詳細を見る


きゃあ!ちょっと萌えたー(*≧m≦*)
これは乙女ゲームだからな!と念を押され(笑)

俺たちがその・・御使い様(主人公)となのか。」
驚く秋夜が可愛い!!!

照れるじゃないかよ!!
と慌てる暁月が良いヽ(・∀・)ノ

うろたえられるの大好きです(´∀`*)ww

後は
キャラ達一人ひとりの自己紹介はゲームを
プレイする前の予習としてナイス(*゜∇゜*)
性格や境遇も少し垣間見れます。
ようやく彼らの情報をつかめた気が。
あんまり雑誌見てなかったので(苦笑)


面白かったのが
登場人物紹介「俺たちを知ってくれ!」
声優さん3人が13人役を演じ分けますww

暁月(近藤さん)
秋夜(前野さん)
翠炎(津田さん)

ちょ、すごくがんばってました!!!(笑)
後聞いてる人の二世の契り理解度が
試されると思うヽ(・∀・)ノ

頑張ってるんだけど
猿とか御使い様まで演じてるので
場がカオスすぎるんだものー!!!!
しっかり誰が誰なのか把握するまで
聞き込みました(笑)
それが狙い!!?
うん、楽しかったです(*゜∇゜*)ノ

早くプレイしたいなぁ(*´∇`*)!


追記には拍手お返事を書かせてもらってます。
いつも素敵な拍手
ありがとうございます!

【READ MORE】

kanonさん→
またまた拍手ありがとうございます(´∀`*)
言われてみれば、キラルナイト当選は
本当に誕生日プレゼントですね(*゜∇゜*)!!
一瞬誕生日が飛んでましたww
結果に囚われすぎですね。
いけない、いけない(^^;)
今年はkanonさんにも
ハッピーバースデー!と言う気満々なので(笑)
益々楽しみな誕生日ですよd(゚∀゚*)
本当に社会人って、楽しみがないとキツイもの
ですね。。
kanonさんも猫カフェとか素敵なところ行ってるみたいで!
癒されそうな空間ですよね(*´∇`*)
いつか行ってみたいです(*≧m≦*)

お互い日々仕事と格闘しつつ
しっかり休みや萌え(笑)補給しましょう^^*

コメントありがとうございました~!



[ 2010/08/25 22:25 ] 乙女ゲーム | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://wonderutarm.blog52.fc2.com/tb.php/461-48441397














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。