キーワード
白紙の物語はいつか色付く 1週間。









 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

 1週間。 

1週間ってあっという間です。

きっと生きてる時間だって、
あっという間なのかもしれないですね。


今回は、今までで一番泣きました。
今泣けって言われても、もうでませんよー(笑)

その分、落ち着くのは早かった気がします。
時々ああ、やっぱり夢かって思っちゃうけど。
でもどこかで現実だってわかってる。


だから私は受け止めて、これから先も
生きていけるって思いました。


一緒に過ごした思い出だけは忘れないで、
前を見て歩きます。


ご心配おかけしましたが
ブログも再開です(*´∇`*)

さぁ、何書こう?

停電少女の感想か
ソラユメの感想をゆっくり書いてこうと思います。











※ここからはちょっと独り言。
ではないかな。気持ちを吐き出してるので。

だから、閉じちゃっても大丈夫です(´∀`*)!


なら書くな!なんですけど
ブログだって私にとっては大事な場所だから
少し書きたくなっちゃうんですよね。
すみません;




私は、仲良しになるほど、その人たちに甘えちゃうので、
色々やらかします。

笑って許してくれるって安心感をどっかで
持ってるんですよね(^^;)

でも、今回ばかりは
「次」なんていつもあるとは限らないんだなぁって
後悔させられました。


性格って、直ぐに変えられるものじゃないだろうけど
私は、変わって、生きたいって思いました。


大事に生きようって。
周りの人、大事にしようって。
お別れしたお兄ちゃんに、教わったなって思いました。


もう誰もこんな思いはしてほしくないし
させたくない。


ちょっとでも多く、楽しい事して
生きてほしいし、辛いことがあるなら
少しでもしてあげられることがあったらいいな。




5年前に出会ってからずっと、
お兄ちゃんみたいな人でした。

どんな人にも優しくて、笑顔で。
冗談や可笑しなノリが大好きなくせに
ツボを外すと、「えー」とか引いてきます。

お仕事についてたくさん教わったし
泣いてる時は心配して寄ってきてくれたし
たくさん遊んでもらいました。

私の中では、ずっと大好きなお兄ちゃん。
きっとお兄ちゃんがいたらこんな
感じだったんだなぁっていつも思ってました。

なんで死んじゃったの。
なんで助けてあげられなかったの。
どうして力になれなかったの。
もっとお兄ちゃんとの時間を大事にしなかったの。

後悔や悲しみは、思いつめるときりがないけれど


どうせなら、お兄ちゃんと一緒に過ごした時間を
思い出して、笑っていたい。


今回の事で、また私は
家族にも、友達にも励まされてしまいました。

ブログを見てくれてる方の中にも
どうしたんだろう?って心配してくれてた方が
きっといたんだろうなって思います。


そんな暖かさに感謝せずにいられません。
私も誰かにとってそんな存在でいられたらいいなって。
いられるように生きたいなって感じます。

難しい事だけど、
生きてれば出来ないことじゃないはずですよね!


お兄ちゃんがいなくなっても、時間はいつもどおり流れて。
私も、もうお兄ちゃんを想って、泣き叫ぶことはなくなって。

また前と同じように仕事して、遊んで、って
生活しだしてます。

気持ちはまだ落ち着いたとは言いがたいけれど。
それでも、ちゃんと前を向いて生きてる。


周りの人達が支えてくれてるおかげです。

だから私も
その人たちを大事にするよ。

時に、ケンカしても、怒っても、呆れられても
心の底ではちゃんと大事に想いあっていたい。
そんな関係をちゃんと育みたい。

見ててよね、お兄ちゃん!!

[ 2010/06/27 20:27 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2010/06/28 23:51 ] [ 編集 ]

 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2010/07/01 21:49 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://wonderutarm.blog52.fc2.com/tb.php/437-8364855b














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。