キーワード
白紙の物語はいつか色付く 第二楽章:宴









 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

 第二楽章:宴 

停電少女と羽蟲のオーケストラ
待望の第二巻!

DVC00022.jpg

前巻で、
「特典の方が好きv」とか言ってごめんなさい^^*
(でも、特典CDの家族が!たまらなかったの!)

今回は、本編に激しく聴き入りましたー!
ネムさんに惚れましたーO(≧▽≦)O
(もう、灰羽から奪っちゃっていいですか!?爆)

本編のほんわかギャグな部分と
シリアス部分の融合が本当に素敵!
で、そこに切ない恋物語。
はまらないわけがなかったです(*´∇`*)

灰羽とネムの関係が
1巻の時点より危なっかしくて好きw

もちろん灯屋ファンなのも変わりないです!
皆の保護者的立場になりつつある柩が大好きだもの(*゚∀゚*)

さてさて、
今回のドラマCD第二楽章のお話に戻ります。

「灰羽、お見合いをする!」

の巻き(*´∀`)コメディ?いえいえ、

全体通して甘く切なく物語です

ゲストキャラの関俊彦さんが名演すぎます!!
思わず泣かされちゃいましたよ!くすん。。

関さんは、私の中で元気な役のイメージが多かったので
今回の物静かな声に堪らなくツボりました。
それでいて、暖かさがにじみでてるんだもの!
反則です(>_<。)

この巻の切なさは、
まず関さんが出してると言っても過言ではないと思うっ(TへT*)

ゆかなさん(すごく可愛くて耳元できゅんきゅんしてました!)、
関さん演じるゲストキャラ達が紡ぐ物語が2巻のベースになってますが

2人の関係性は最後まで必聴もの…

今回も、レギュラー陣の過去がばばん!と明かされる事はあまりなく
話の大筋はゲストキャラの物語。(その背景も分かりやすく、濃厚なのがいい!)
その中に、灰羽達や灯屋一家、全員が置き去りにされる事なく絡んでるから

聞き所が多くて
停電の深みにはまっちゃうんですよね

ネムは灰羽を拾って育ててきた母だけど
この2人、一巻から素敵にラブラブしてます(笑)
今回は、灰羽のお見合いが絡んできてるのもあって
すれ違っちゃってズキズキする所も。

言い合いしながらも、普段は明るくじゃれあってる2人だけど
根底には、契約や停電といった切ない繋がりがあるので
時にこのふれ合いが微笑ましくも悲しくみえたり。

ネムの呟きに胸打たれるっ( *´△`)ノ

でも、恋人安定期より、結ばれる前の
心理状態が好きな私としては
この展開は美味しかったです!えへへ!


後半にかけての盛り上がりが鳥肌もの。
本当に主題歌の入りが上手すぎるっ!!

もちろん、灯屋達の軽快な会話も多く、
作品のバランスが良いのは一巻と同様です(*゚∀゚*)

レギュラー陣の演技は相変わらずキャラとベストマッチ!

わいわいと繰り広げられるギャグな会話、
かと思えば時折ふと訪れるシリアスな場面、
この作品は両方併せ持ってるんですけれど
台詞一つで見事に表現してくれてるんです―

第3巻が待ちきれないっ!
聴けば聴くほど、深みにはまる

「停電少女と羽蟲のオーケストラ」

ますますお気に入りです。



[ 2009/12/05 13:53 ] 【IM】Alice?・停電少女 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://wonderutarm.blog52.fc2.com/tb.php/424-9e49c209














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。