キーワード
白紙の物語はいつか色付く 本屋で買ったのは、チャレンジャー;









 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

 本屋で買ったのは、チャレンジャー; 

最近日記がご無沙汰だったのは、学校の課題+教習所に通い始めたからでした
学科は頑張ってるんですが・・・
乗る前から緊張してしまって、まだ技能を一回も受けてません!!
こんな私が車を運転できる日がくるんでしょうか・・・(不安)。

そして、咎狗(PC版含)をプレイしてからすっかりBLに抵抗がなくなった私
プレイ前の動揺はどこへやらっ!!(笑
むしろもっとBLを・・・と大変な事になってます

他のBLゲームをプレイしたいけど、乙女ゲームと違って自分では情報を殆ど持っていない事と
遙かとラタトスクと仁義なき乙女が控えている今、なかなかゲームには手を出せない

そして出会ったのがコレ↓です(笑

純情ロマンチカ (あすかコミックスCL-DX)純情ロマンチカ (あすかコミックスCL-DX)
(2003/05)
中村 春菊

商品詳細を見る


最近、アニメ→マンガ率が高いです。
といっても、アニメはまだ見たことありません今夜が初見になりそうです(笑

今期のアニメは結構見ているほうなんですが、咎狗をプレイするまでBLに興味を持っていなかった
私は、「へぇ~こうゆうアニメもやるんだ。・・・BL?テレビで?」
みたいな感想しか持ってなくて、軽くスルーしてました

な、なんて勿体無いことをっ(゜□゜;)!!

アマゾンさんでちらちら見かけていたので、咎狗プレイ後にまっさきにBLモノ・・
と思いついて買ってみました

地元の本屋さんで

・・・今考えるともの凄い暴挙です。
特に裏表紙、露出度と絡み度が激しい;

買おうと思ったら、猪突猛進な私なので
その時はぱっと本を4巻分持ってレジに持っていっちゃったんですよね。
そして、店員さんが本をぴっとしてくれている時に・・・裏表紙にドキリ
一気にパニックになり、お金を落としました
地元の本屋は知り合いによく会うので、本当に怖かったです
もっと堂々としたい自分がいるけど・・・隠れオタの悲しい性です

軽いあらすじ程度の知識しか持っていないまま4巻分買っちゃったんですけど、
かなりアレなシーンが盛りだくさんで驚きました(笑
咎狗は一人のキャラにつき回数もそれほどなかったので、
この作品も、終盤あたりに・・とか、絵柄が可愛いからぼやかしてあるのかな~
とか思ってて、甘かったです(笑
でも、BL好きになった今の私にはへっちゃらです♪むしろ嬉しいくらい(しーっ)

なにより登場人物のそれぞれの恋心にきゅんと胸が締めつけられました。
BLだからって訳じゃなくて、
この人を好きって想いを押しとどめたり、溢れさせたりするシーンに。
恋する不安な気持ちからでる言動や行動に。

登場人物たちが、様々な形で一生懸命恋をしているのが凄く好きです。
読んでいて些細な感情まで伝わってくるから、ほんとに胸を痛めたりするシーンも多かったです。
そして、嬉しいシーンも同じくらいありました。

テンポよく面白い部分も多く、絵柄も可愛い所とカッコイイ所両方あって、
本当に良いマンガですね。

ただBLだから興味ないって思っていた自分、本当に反省。
視野が広がるのって、良い事だなって思いました。
ありがとう、咎狗の血

ただ部屋の中にどうやって、置いておこうか・・
悩みの種が増えた事は考えないようにします。

次の日には、ちゃっかりアニメイトで10巻まで揃えて、DVDも無事予約しました(笑
以下簡単にマンガ感想です。(ネタばれアリ)

エゴイスト組みが大好きです!ヒロさん良すぎっ

とはっちゃけたところで、追記に進みます(苦笑

【READ MORE】

一番好きなのはエゴ組みですが、
ストーリー的に好きなのはロマチカ組みだったりします

とくにウサミ父とかが絡んできた辺りから切なさも倍増
純情シリーズは、とにかく胸を締め付けてくる事が多いので読んでいて大変です
でも、最後はほわぁ~んとさせてくれるんですよね


テロリスト組みは、ヒロさんの出番もあったりするので嬉しいかったり(論点が違う)

宮城が先生のお墓の前で告白するシーンにはうるうるきました。


[ 2008/06/20 00:47 ] 純情ロマンチカ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://wonderutarm.blog52.fc2.com/tb.php/42-d7216b40














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。