キーワード
白紙の物語はいつか色付く セブンデイズを読みました。(遅?)









 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

 セブンデイズを読みました。(遅?) 

前記事から続きまして・・・

☆セブンデイズ
セブンデイズ―MONDAY→THURSDAY (ミリオンコミックス 42 CRAFT SERIES 22)セブンデイズ―MONDAY→THURSDAY (ミリオンコミックス 42 CRAFT SERIES 22)
(2007/09/01)
橘 紅緒

商品詳細を見る


全2巻だったんですが、
読み始めたらとまらなくなって既に読破(笑)

高校3年の弓弦(ゆづる)と
その後輩の冬至(とうじ)のお話。

冬至は、月曜日の一番最初に告白してきた子と
必ず付き合って、週末に分かれるという
噂の持ち主。

そんな冬至に「俺とつきあってよ」
と軽い気持ち(好奇心)で弓弦が告げたことにより。
一週間限定の恋人ごっこが始まったのです。

ドンデモ!な噂の持ち主、冬至って
どんな奴なのー(゜□゜;)といぶかしんでた私でしたが
想像してたのと違って驚きました。
だって普通、チャラチャラしてるって思っちゃうよ!!(笑)

弓弦が告白してきてから
冬至は教室に会いに来たり
おやすみ&おはようメールしたりで
本当に、大切に。
弓弦を想って、行動してくれます。
元の性格が優しいのもあってむしろ正統派な人!でした。

ただそれは冬至にとって
「自分が好きになれる人を探すため」の行動。

弓弦も弓弦で、真に受けてなかったし
とても先輩らしい発言が多いので
後輩と交流を築いている感覚。

だから恋人としての2人の一週間の始まりは
それ自体、冗談かと思うくらい軽いもので。

でも、よく知らなかったお互いが見え始めてから
進んでく1日、1日。

たまりませんでした。
一週間なんて短いはずなのに
すごく丁寧に進んでく。

だから2人の気持ちの変化も
読んでいてドキドキするほどの丁寧さ。
途中から、「一週間限定」が
お互いに足枷になってくるのも良い展開でした。

まさに、セブンデイズ。
題名がしっくりくる話はとても大好きです(*´∇`*)

「恋をするのに充分な七日間だった」

うん、とても素敵な作品でした。


これはドラマCDも欲しいですね。
1巻「セブンデイズ MONDAY → THURSDAY」は発売済み。

キャストは
篠 弓弦:福山 潤
芹生冬至:中村悠一

でも
品切れ(゜□゜;)ががん!!

しょうがないので、2巻からはいります・・。
10月25日発売予定なので早速予約してきました♪

セブンデイズFRIDAY→SUNDAY (ミリオンコミックス CRAFT SERIES 28)セブンデイズFRIDAY→SUNDAY (ミリオンコミックス CRAFT SERIES 28)
(2009/06/01)
橘 紅緒

商品詳細を見る


恋を自覚してからの3日間。
冬至よりの心情表現も多くて
2巻も大好きですー(*´∇`*)
読みながら大人しく待ってようと思います!

待てるかな?(笑)

[ 2009/09/29 00:59 ] BL関連 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://wonderutarm.blog52.fc2.com/tb.php/365-f658e3ee














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。