キーワード
白紙の物語はいつか色付く ~A Little Orange Kiss~









 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

 ~A Little Orange Kiss~ 

せっせとブラッド攻略してるりかんです(PSP)
にやけてる顔が戻りません(^^;)ノ
そんな中クロアリ小説、読み終わりました!

クローバーの国のアリス ~A Little Orange Kiss~ (講談社X文庫 うA-) (講談社X文庫―ホワイトハート)クローバーの国のアリス ~A Little Orange Kiss~ (講談社X文庫 うA-) (講談社X文庫―ホワイトハート)
(2009/09/04)
魚住 ユキコ

商品詳細を見る


もう帽子屋屋敷に永久滞在したいっ(*´∀`)
と思った作品(と、いつも言ってる気も・・・。)

ボス優しいし(←)
双子は可愛い!きゅん!

今回は、エリオット×アリスがメインCPな訳ですが

他のクローバーの国の住人も出演所が多くて
嬉しかったです(*゚∀゚*)
ほぼ全員と、会話があったから
なかなか賑やかで楽しい印象
帽子屋滞在だけど、アリスがあちこち
出歩いてくれてるので、出会いがあります!(笑)

割合的には、もちろん帽子屋ファミリー多しっ

表紙見て
『双子とエリオットの激しき恋の戦い
を、一瞬想像したりもしたような
してないような私でしたが(どっち!?)

アリスとエリオットが2人(の世界)で、
悩んでる感じが多かったかな。


むしろ双子より(一応反転)
VSユリウスだった気がしてならない―(≧▽≦)O

いないけど、いないからこその影響というか
彼の壁は、厚いっ
うん、ハトアリルートでの破壊力は凄かったし(笑)
ジョカアリでもあるだろう、こんな感じの
グレイと彼の会話もますます楽しみっ

で、肝心なエリーちゃんとの恋模様ですが…

途中まではクローバー本編のテイストが多くて
正直ハラハラしてました(^-^;)
私、本編の終盤で、アリスの行動(びんた)に
びっくりした1人なので(苦笑)

小説では、上司と部下の関係に拘るのは最初~中盤だけで

想ってる事が相手に上手く伝わらなくて
すれ違っちゃったり

マフィアという立場的要素が絡められていて

最後にかけて甘さ多し!でした

耳を引っ張りたくなるような可愛いさもあれば
ドキっとさせるようなアリスへの真っ直ぐさもあって

エリーちゃん好きな私は大変満足でございました~

んで、この小説、

ボスの存在がたまりませんっ!!

一歩転べば、逆にボスに恋しそうだったΣd(゚∀゚*)(笑)

アリスへの恋愛とはまた違った気にかけ方や
エリオット達ファミリーへの想いが垣間見れて


あぁ、ボスに大事にされるって幸せな事すぎますねっ!!
いいなぁ(笑)
本当に帽子屋ファミリー最高だと思いました
挿絵も、銃撃戦時のボスとエリーのツーショットが
すごく格好良かったしな~

そして、今回はアリスに構って欲しくて
ベタベタしてくる双子も良い感じ(エリオットとドロドロしない程度)
に可愛かった!!
可愛いの度を越していても、
可愛いフィルターがかかるんだなぁ
この双子はっ(*≧m≦*)

アリスは、クローバーの国へ急に『引っ越し』させられたので
自分の居場所について葛藤したりして。
それが原因でエリオットとも色々あったけど
この小説の中で、答えを見つけられて
一区切りしてたので良かったなと思いました

おかげで私も、清々しい気持ちで読み終われた!!

これに関しては、
ボリスもボスに劣らず活躍ですねっ(*^ー^)ノステキ♪

ううん、やっぱ最高です
ワンダフルワンダーワールド!
キャラ全員愛せる要素があるから、
アリスシリーズは好きです(*´∇`*)

小説、まだ読んでないのも読まなくちゃ

そして、コツコツブラッドルートを攻略し終えますヽ(・∀・)ノ



コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://wonderutarm.blog52.fc2.com/tb.php/353-555616f6














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。