キーワード
白紙の物語はいつか色付く ワンダーランドなアリスの世界♪









 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

 ワンダーランドなアリスの世界♪ 

今日は、ずっと欲しかった商品が届きました(^^*)

Alice\'s Adventures in Wonderland: A Pop-Up Adaptation of Lewis Carroll\'s Original Tale (New York Times Best Illustrated Books (Awards))Alice\'s Adventures in Wonderland: A Pop-Up Adaptation of Lewis Carroll\'s Original Tale (New York Times Best Illustrated Books (Awards))
(2003/10)
Robert SabudaLewis Carroll

商品詳細を見る
Robert Sabudaさんが手がける、不思議の国のアリス・しかけ絵本(英語版)です。絵本で、立体感溢れるアリスの世界を堪能できるので感動しました。


あれ?イメージ映像が出てない
コレです。結構分厚いです。全6ページに、所々小ページがくっついています。

DVC00074.jpg


実は、先日一度この商品を手にしていましたが、破れていたので
amazonさんに交換してもらい、今日到着したのでした。

ちなみに破れていたのは、下の写真のテーブル中央部分。
前の破れていたものは上手くたたなかったので、あらためて感動しています

DVC00067.jpg

大好きなお茶会シーンページに対して、テーブルがきちんと立ってます

割と最近まで私の中では、アリス=ディズニーの不思議の国のアリスでした
子供の頃からディズニービデオを見ていたせいですね
中学生まで、原作があることを知らなくて、ずっとディズニーオリジナル作品だと思ってました(苦笑

この本のアリスは、アメコミ風らしいですね。(アマゾンさんのレビューより)
たしかに、アリスの顔とかちょっと独特です。
最初は、怖いとか思ったんですけど・・・(失礼;)
ディズニーのアリスや、ハトアリのアリスを見慣れているせいかな

でも、このアリスも味があって好きになりました♪

DVC00071.jpg


文章は、ページの隅っこに置かれています。
ここにもしかけが施してあったりするので、本当に細かくて良い仕事してるなぁと思います。
まだ全部読んでないんですが、読むのはそれほど難しくはないと思います。
原作を読んだ方なら、だいたい流し読みできるのではないでしょうか?
いくつか見慣れない単語もあるので、電子辞書を片手に今からじっくり読もうと思います

でも、この絵本は読むというよりは立体感のある世界を楽しむべきものだと思うので、
英文を読まなくても十分だなと感じました♪

ちなみに好きな仕掛けは、穴に落ちていくアリス
落下していく様子が上手く仕掛けになっていてお気に入り

ただ、やっぱり扱いが少し怖いです
精巧な作りをしているので、ページをめくるのがおそるおそるになってます
ちなみに私は、某デパートで初めてこの本をみたのですが見本が大変な事になっていました
仕掛けが破れていたり、上手くたたなかったり;
オズの魔法使いも一緒においてあったのですが、おそらく竜巻?の部分が
ぐしゃぐしゃになっていて、元の様子が想像できませんでした

もう一つ、保存用に買うか悩むところです

今度は、ピーターパンも出るみたいなので凄く楽しみです
その前に、オズの魔法使いも揃えたいと思います♪

以下は仕掛けについていくつか雑談しています。
知りたくないという方は進まないように気をつけてください


【READ MORE】

ほんっとうに、素敵な絵本です
見れば、見るほどハマリこむ~

最初は、アリスが白ウサギを追いかけているシーンです。
さっそく大きな森がドバっと飛び出してきます

ここに、私の好きな、アリスが穴に落ちていくシーンがあります。
仕掛けとしてはシンプルかもしれませんが、
自分でアリスが落ちていくのをのぞき穴から覗けるのが、嬉しい(笑)
ちゃんと、穴には本も描かれているので、ここだけで満足ですvv

Drink Me やEAT MEの仕掛けは、ついつい食べてしまいたくなります
そんな事したら、体が伸び縮みして大変ですよね(笑

さてさて、次のページは

DVC00069.jpg


アリスが、白ウサギの家で大変な事になってます
ここでも、覗き込むと家の中のアリスの顔がよく見えます♪
小ページには芋虫さんが登場していて嬉しいvv

次のページには、公爵夫人(で当ってるかな;)とチシャネコが登場☆
DVC00070.jpg


チシャネコの色が、ピンクじゃないことにショックを受けた私は、
あきらかにディズニーフィルターが強いです;
こればっかりはしょうがない><
親曰く、幼稚園より前からビデオを見せていたらしいので・・・。

その点、ハトアリのボリスはピンクピンクしていて嬉しい(笑
この本で、この公爵夫人の顔が一番怖いかも;
原作を読んだときでも、これほど怖い顔をもっているイメージはなかったんだけど
小ページのチシャネコが飛び出すところは可愛くてスキです。

次のページは、お茶会シーン♪
お茶会シーン、大好きvv
眠りねずみもきちんといます。
小ページでは、三日月ウサギ達が、ねずみをビンにしまうシーンもあってナイスです
後は、白薔薇を塗り替えるシーンvv
小ページをめくると、一つの白薔薇が、きちんと赤くなる細かい仕掛けがあります!

次のページはクロケット♪
DVC00072.jpg


女王様、初登場ですが、小さいですね。
公爵夫人より小さい(笑

小ページのチシャネコは、もっとページを広げると
にんまり笑います。そう、にんまりと

上のほうに、王様と白ウサギもちゃんといますね。
あ、でも王様っぽい人がたくさんいすぎて分からない(苦笑

いよいよラストページ♪
このページもスキです。
DVC00068.jpg


迫りくるトランプに圧巻です!!
こう、ページ全体に飛び出すトランプ、素晴らしすぎます。
小ページには、白ウサギもいますねvv
あ、とかげもこのページで初登場してました。

最後は、お姉さんの腕の中で目を覚ますアリス。

そして、私は繰り返し絵本を読んで(見て)しまう


これで、約2300円なら文句なしの絵本でしたvv
某デパートでは、3900円で売っていたので、さすがアマゾンさん

来月になったら、オズの魔法使いも購入予定です。

素敵な絵本にめぐり合えました


[ 2008/05/28 22:47 ] 日常 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://wonderutarm.blog52.fc2.com/tb.php/30-3b15f947














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。