キーワード
白紙の物語はいつか色付く UTM~クレセント~プレイ感想4









 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

 UTM~クレセント~プレイ感想4 

一見優しいのに、思わぬ刺のあるセイジュ
愛憎と純愛ルート両方クリアです

セイジュ

もぉ~!
手の掛かる子ほど愛しいとは良く言いますね(笑)

セイジュはまさにそれです( ´∀`)

特に愛憎ルートのセイジュは大変でした!
スチル回収が上手く出来なくて
初めてイベント回想でフライングするという(爆)
(※グッドエンドを通ると、イベント回想で
殆どのスチルが開いてしまうんです
見てないのまでね、あら。)

選択肢もPC版やってるのに難しい( ´△`)
何回繰り返したことか…(笑)

愛憎のセイジュの心ほど
掴みにくいものはないです


でもその分のめり込んじゃいましたから(*゚∀゚*)
セイジュほんと良いですね。

痛々しい感情だってセイジュの持ち味!

不安定な気持ちを抱えてる分
ぎゅっとしてあげたくなっちゃうんだよ~
(暴走)
クレセントは特に、撫で撫でしてあげたい衝動にかられました!

愛憎と純愛で結構極端なのも
セイジュならではかな
でも本質がブレてないので
あぁ、どっちもセイジュだって思えるし
上手く表現されてます


新規スチル&イベントにも
ひたすら萌えました~
純愛なんか甘さ倍増だったと…(*≧m≦*)
カッコイイセイジュと
可愛いセイジュが見れるんですもん!(爆)
私的には可愛い率が上がったように思えましたv

愛憎は、セイジュへの切なさがぐぐ~んと
PC版より酷い仕打ちが和らいだ分
優しさとその中にある刺の両方に
かなり触れる事になったので
よりセイジュの胸のうちに振り回されて
ハラハラドキドキ。

PC版でもそうでしたが
花と絡んだ話が多いセイジュ。
それに関しても、深く掘り下げてありましたね。

何よりドラマCDネタもバッチリ入っていたので
泣けてきました…。

まさかあのシーンの事も
セイジュの口から聞いてしまうなんて。
もう一回、「あの月の下で」聴こう、うん!


レニの存在が大きく影響するセイジュルートですが
レニ好きの私でも
十分すぎるほどセイジュへと愛情を向けられましたよ(^-^)

やっぱり双子は最高です
レニとセイジュだからこそ
ここまでの物語を紡げちゃうんだなぁ(*゚∀゚*)
ときゅんきゅん!


以下はネタばれありの感想です。
(ドラマCDのネタばれも含みます)

萌え叫びも多いので、
お気をつけくださいね

【READ MORE】

愛憎ルート。町外れの海岸で
冷たい風に吹かれながらアーシェに静かに語るセイジュ。

「花束をあげたヤツより、
花束をあげなかったヤツの方が、
勝ったってことだよ」


グサッときてしまいました・・・・。


まさしくドラマCD
「あの月の下で」のワンシーンですね(><。)

「あの月の下で」は
本編より過去、アーシェが双子と出会って
記憶を無くすまでのストーリー。

レ二とセイジュはアーシェの護衛につくために
お城へとやってきます。
始めは3人とても仲良く穏やかに過ごしてるんですね。

ある日2人が側を離れている間に
アーシェは誘拐されかけ、怪我をしてしまいます。

それを聞いて、セイジュは花束を持って
お見舞いに行くんです。
本当に心配して、アーシェもそれを
嬉しそうに受け取ったんですが。

アーシェは、既にレ二に恋をしていて―・・。

レ二は、セイジュより遠方にいたため
アーシェの元にくるのが遅れたんですが
すごく必死にやってきたんです。
それこそお見舞いの品をもってくる余裕もないほど。

レ二はそれを、気が利かない男だなと後悔しますが、
アーシェはその心配してくれる気持ちと
早く会いたいと思ってくれた事が嬉しいと告げます。

そこで2人は初めてのキスをしてしまうんですよね。
まだお互いの気持ちを言い合ってはいないけれど
距離が近づいた瞬間になるわけです。


本当に、セイジュにとってはレ二といると
上手くいかない事ばかりになってしまって。
その気持ちが、
どんどんセイジュを不安定にしてしまったわけですね。
アーシェの事が好きだったのもあって尚更。

愛憎は、その気持ちが
痛々しい程に歪んでアーシェにも
自分自身にも向けられるルートで。

乱暴に抱かれたりするシーンはカットされているので
ひたすらセイジュは、言葉責め!
多少やんわりとした言い回しになったかな。
それでも、優しくしておいて
落っことすというセイジュの持ち味は変わらないので
やっぱりヒヤヒヤズキズキですよ(擬音語ですみません・・。)

そして、セイジュ(愛憎)は幸せな空気に包まれたような
ほんわかとした付き合いをこっちが望もうにも
そんなものは信じられなくなってしまっているので
選択肢がとにかく難しい!!
PC版でも思いっきりバッドに直行した思い出が
蘇ってきました(苦笑)
ENDING「青空は嫌い」なんて
これで、ようやく甘く幸せな一時が(´∀`*)
とか思って、落っことされましたからね。(二重の意味で)
さすがセイジュ・・・切ないけど大好きです!(笑)
なので、新規選択肢も、どっちを選べばいいのか
迷うばかりで攻略しがいがありました。

クレセント話に戻ります。

初めて、一緒のベッドで寝ることになった日は
やっぱりないえちシーン。(文字通り眠るだけ)

そして追加されたのがアーシェが2人(双子)は
どんな子供時代を過ごしたか興味をもつ話でした。

セイジュはそんなにレ二の事が知りたいのかと過剰反応。
気になっていたのはセイジュの方だと言う
アーシェの言葉も信じられず
自分の部屋の鏡も割ってしまうほどでした。

そして、アーシェをベッドに押し倒し
ギュッと逃がさないように抱きしめてる
新規スチル・・・・。
ベッド下には月明かりに照らされて輝く鏡の破片。

とっても、大好きな一枚だったりします。
場面的にはセイジュがいかにレ二を意識し、
(愛憎ルート故にレ二へ向けられる感情も
憎悪感が強い)
アーシェを否応なしに自分のものへ
しようとする束縛的なシーンなんですが

足元の鏡の破片が
セイジュの繊細な心を表しているようでもう(><。)
アーシェを自分のものにするために。
過去に歪んだ感情故に。
きつい言葉を投げかけて、アーシェを怖がらせるセイジュ
ですが、本当の心はこの鏡があらわしてるような気がして
なんだか切ない。。

うっすらと笑っているセイジュとそんな彼を
アーシェが切なげに見てるのも印象深かったです。

彼らの過去を知ってると、セイジュの気持ちが
さらに痛い!どの場面でも痛い!
過去に自分もアーシェが好きだったのに
その側でアーシェはレ二と結ばれてしまった
訳ですから。今回の子供時代の事も
レ二の事だと思っちゃうのも無理ないです、うん。


☆同じくPC版で衝撃を受けたエレベーターの
シーンは、ずっと安心して見れるスチルになってました。
それでも、2人のキスシーンを見せられる男の人は健在(笑)


☆冒頭で、いきなり叫んでましたが
セイジュと海を眺める新規スチル。
アーシェの方を向かず
そらすように海を見つめるセイジュが
切なくも儚げに見えました。

海の波を見て、何に見えるかと
アーシェに問うセイジュ。
アーシェはウサギのようだと答えます。

セイジュは消え入りそうに呟くんですよね。
「君にはあれが、・・・には見えないんだ・・・・」

自分には、花に見えるそれが
アーシェには違うものとして感じ取られ、その瞳に映る。

アーシェには気づかせないほど態度にはださないけれど
実はその想いのすれ違いに、とても傷ついているセイジュ。
・・・泣きそうになりました。

追い討ちをかけるように

セイジュ達が初めて人間界に来たとき見たのは雨空で
魔界を追い出された自分達には
太陽を隠して、泣くように降る雨がぴったりだ

と話はじめるんですよー・・・。

その時の双子を想像しただけで
悲しくなってきます。2人とも、どんな想いでいたんだろ。

アーシェはその言葉に、
セイジュたちは自ら人間界に来たわけじゃないの?
と疑問に感じるのですが(記憶がないので)
口を挟むすきもなくセイジュはまた語りだすんです。

雨の中、夜に歩いて
色とりどりの花が雨に打たれて散るところをみて
とても落ち着いたと。

花束で失敗しているセイジュには
その散りざまを見るのが楽しかった、と。

その中で、無残に散っていた白い花。
けれど、その甘い香りは確かにそこにたちこめていて
・・・散ってもまだ匂う
その花の香りこそがセイジュにとって永遠だったわけです。

アーシェは聞き取る事ができませんでしたが
私はバッチリ聞いちゃったからね(><。)

なのでセイジュルートは、自分がセイジュを幸せにして
あげなくちゃ!とか思って萌えるばかり

☆アーシェに渡そうと思っていた香水瓶を
たたきつけて割ってしまうのも新規スチルに
直されてました。(PCはエチはいってたもんね)
無表情に俯いていながら
でも、悲しさが隠せないセイジュ。

「どうやっても、僕は君にプレゼント1つ
贈れないようだね・・・いつも、いつも、今だって」

PCでもあったシーンだけど
いつも印象深い台詞として私の中に残ってます。

いつも(学校とか)は穏やかでスマートな
立ち振る舞いを見せてるのに

セイジュって、レ二と違ってどうしても
アーシェに対しては物事が上手く進められてないんですよね。

過去では、時間とかタイミングとかいう要素も
セイジュにはあまり優しくないというか・・・・。
だからこそ、レ二とは違う意味で
切なさが増していくんですよね。

この双子ったら、本当に大好きだ!(爆)


このシーンは、セイジュが
アーシェに人形であればいいと叫ぶのも
痛々しい。
(けれど、これをきちんと受け止めて(重要!)
それを上回る愛情を注ぐことこそ
セイジュのGOODENDへの道なんですもんね。)

そして、
セイジュに束縛されるアーシェを
見ていられなくなったレ二が
セイジュと戦い、負けちゃうセイジュ。

この間に、レ二に魔界へ帰れといわれつつも
セイジュが好きだからと、残る事を決めたアーシェ。
セイジュが目覚めるまでの間ずっと
看病をしていました。


そして、新規スチル!!
アーシェに手を握られて
照れてそっぽを向くセイジュっ(゜∀゜*)v

「看病してくれるんだろう?手を握りなよ」

そう自分から言っておいて
すっごい恥ずかしそうに照れてる・・・・!!!
かなり萌えましたv
もう、セイジュ可愛いよ~!

☆後日、OPで見ていた花をちぎるセイジュの
新規スチルが。

枯れる姿は見たくない、だから自分で壊す。

アーシェが自分から離れていく前に、殺す。
そうすれば綺麗な思い出だけを抱いて生きていける。

セイジュの心は、本当に花と一緒に表されることが多いですね。
そして痛くて辛い。
セイジュの方が、散りそうな花みたいです。

そんなセイジュの心を受け止めて
ようやく愛憎END。
ここにも新規スチルが。
セイジュが魔王になって
沈丁花をアーシェに送るシーン。

魔王衣装のセイジュはカッコイイ。
なにより表情が穏やかなのに
どうしようもなくほっとしてしまった。
クレセントパワーかな。

ENDは変更のないクレセントだけど
追加されていたセイジュの胸の内に
やっぱりきゅんとさせていただきましたー!!!

余談ですが愛憎で、なかなかだせない新規スチルは

セイジュがアーシェを押し倒して
トランプが散らばってる場面でした。

今までは、純愛度・愛憎度MAXで殆どの
スチルが回収できてたんですけど
これは、全然でてくれなくて・・・;
どうやらレ二とのイベントに関係あったみたいで
思わぬ盲点でした(^^;)


☆★・・・・・・・・・・☆★★・・・・・☆・・・・・・・・・・・・・・・★


愛憎の次は、
純愛ルートv

甘く幸せラブラブが好きな私はもちろん
純愛のがより大好きです!!(爆)

純愛ルートのセイジュは、可愛いv
レ二より可愛い~と思える場面が多いのもポイント!
(レ二はやっぱりカッコイイ比率が高いと思う)

まず、純愛のセイジュは、アーシェの優しさに触れて、
心にあった痛々しい棘が全然ない(><*)

なので愛憎は、その棘にアーシェがハラハラする立場だったけれど

純愛は、いつアーシェが
レ二との(恋人だった)記憶を取り戻して
自分から離れていくんじゃないかと
セイジュ自身が不安になっちゃってるルートです。

なので、行動1つ1つが
アーシェに嫌われないようにと思ってて
優しく、ぎこちない。そんなセイジュに萌え萌えです!


アイアイ傘をして登校する新スチル。
そんなセイジュが描かれてて本当に可愛い!!

一緒にアイアイ傘出来るのが嬉しくて、
でも恥ずかしくて(セイジュは実はアイアイ傘は初めて)
まるで初恋の甘酸っぱさ!
照れてるセイジュバンザイ♪

愛憎では、セイジュの気持ちを受け止める側の
アーシェでしたが
純愛は、セイジュの心を照らすように
安心させて変えていく側なんですよね。


愛憎で話された「海の波」
今回はセイジュが自分からアーシェに
散っていく花びらみたいだと説明して
アーシェが気づくのも
両ルートの同じなのに、違う部分が
よく表されていて
だからUTM好きだなぁって思う瞬間です。

と、話がずれました。(反省)

どっちのルートも当然レ二が絡んでくるわけですが
(最早避けて通れない道。)
純愛ルートのセイジュも
この話題の時だけは、鋭い感情をぶつけてきて
少しハラハラします;

ただすぐ自分から、臆病者なんだ・・・と
折れてくれるので、頭撫で撫でしてあげたくなる
可愛さに溢れてるんですよね(^^*)

☆新規スチル
2人で、毛布に包まってミルクを飲んで
温まるシーンです。


PC版では、雨に濡れて
2人でお風呂だったので
その代わりのイベント!
(クレセントは、お風呂が故障して、
お湯がでなくなってました。)

ホットミルクを入れてくれる
セイジュの優しさにきゅん!

「猫ちゃん(カイル)が前に作ってくれた方が
僕の作ったのよりおいしかったんだけど。
作り方がわからなかったんだ」

と、はにかんで言われちゃったー(><*)ノ

アーシェが私の為に入れてくれたから
とても甘いというと

その幸せを噛み締めちゃって
戸惑うセイジュ!(ほわ~んとなります。)

「こうやって・・・君を独り占めしているのが
本当に僕なんかでいいのかな・・・。」

PCにもあった言葉ですが
あっちはあの最中の言葉だったので(爆)

また録りおろされてて
遊佐さんの甘い声がたまりません!!

PCも吐息交じりでドキドキだったけれど
こっちは、ほんわかとした
セイジュが愛しくなるような言い方でしたv

そんな感じに優しさに浸っていたら・・・


セイジュの魔法を使えば
お風呂にお湯をはれた事が発覚(笑)

悪戯が見つかったみたいに
小さく笑って

「だって、君と一緒に温まりたかったんだ」

か~わ~いい(゜∀゜*)

アーシェは、ちゃんと言ってくれたらと
言いかけますが

「ずっと前に言ったろう?僕はね・・・」

にっこり笑いながら

「僕は卑怯者なんだよ。」

こんな卑怯者なら大歓迎です

PC版と同じですが

その後、天使に狙われて
アーシェを守るために力を使い
魔力をなくしてしまうセイジュ(><。)

もう自分は魔王になれないから・・・
と淋しそうに笑うセイジュ。

アーシェはセイジュが魔王じゃなくても
大好きだと告げますが

「でも君は、次期魔王の花嫁になるよう要求されるよ。
そうしたら僕の力では・・・・」

と肩を落とします。
でも、そこにある救いの光。

「その魔王がこんな小娘は
いらないと言っている」

レ二~!!!

もう何度目かわからないけれど
ここは絶対泣いちゃうんです、私。

セイジュルートなので
セイジュへと感情移入してるんですが

レ二とアーシェの過去ももちろん知ってるので
レ二の気持ちを想うとすごく辛くなってしまう。
でも、それよりも

愛しいアーシェと、大切な弟のために

レ二が魔王になって2人を幸せにしてあげる道を
選んでくれたその決断に、すごく胸打たれる部分が大きくて。

ありがとう、レ二。

そうして、レ二を心の底から「兄さん」と呼ぶセイジュも
本当に胸いっぱいな気持ちなんだろうな。

だからこの双子は、好き。
ルートによっては悲しい事になっちゃうけど
双子のこの関係に文句ないです。
UTM、素敵な双子をありがとう~(゜∀゜。)

☆追加された新スチル

移動遊園地デート!

メリーゴーランドに2人で乗る姿がよすぎです!!
後ろから、ぎゅっとアーシェを支えるセイジュと
幸せそうなアーシェにきゅんきゅんです!


☆月の下でプロポーズするセイジュっ!!!

アーシェがいないのに心配になって
着替えもせずに追いかけてきて

「僕は弱虫だから、まだたまに心配になるんだよ。
朝起きたら、君がいなくなってるんじゃないかって。」

「だから、僕たちの絆をより強くする為に、
この願いを叶えて欲しい。」

「僕と・・・結婚してくれないか?」


すっごくときめいた!
セイジュがちゃんと素直な自分の
気持ちを打ち明けてるのがもう!

この純愛ルート、
人間界で暮らすことになるんですが

実は最初(PC版プレイ時)
魔界に帰ってほしかったとかちょっと
思ったんですよ。(甘甘ラブラブな魔王夫婦見たかったので)

でもドラマCD「Love Letters」を聞いてて
セイジュとアーシェの人間界の生活が
大好きになったんです。

今回のプロポーズで
また好きになっちゃったよ(笑)

2人とも、人間界でお幸せに!!!



すっかり長く感想かいちゃいました。
その割りに偏っててすみません;

一言で纏めると、
「セイジュルートも素敵!」
ということで(爆)

この双子は永遠です~!

UTMに出会えて本当によかった(^^*)


[ 2009/07/27 03:47 ] UTM・マイマス | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://wonderutarm.blog52.fc2.com/tb.php/287-c54dd3f5














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。