キーワード
白紙の物語はいつか色付く UTM~クレセント~プレイ感想3









 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

 UTM~クレセント~プレイ感想3 

瀬名純愛・愛憎ともにプレイ終わりました

天宮瀬名

セナルートなのに、
レニに目がいってしまう私。
大反省(_´Д`)ノ

もちろんセナも良いと思うんですが
でも、まさかのセナ愛憎で

レニの出番が増えてるっ!

事態に遭遇してしまったので(爆)
レニにきゅん!な歯止めが効かなくなりました―…。
あんなの反則だ

まぁそれは、追記に置いておいて(つ´∀`)つ


セナルートも
特に純愛が良かったなぁと思いました
追加イベント&スチルに
束の間の幸せを感じさせていただきましたし

相変わらず、
魔界の事はおざなりになっちゃうアーシェですが(爆)
これは、しょうがないなぁという目線で見てます
双子以外はどうしてもね
物語最初から分岐があれば
良かったんじゃないかと毎回思ったり。
(パパの力安泰で、自分だけ命狙われてる~とか)

んんっ!
あんまりセナについて書いてない(爆)

PCもPS2もセナの性格は変わってません。
生まれと育った環境により
癖のある子になってるセナ。

そんな彼との恋愛は
やっぱりハラハラしてしまうんですけど

でも、それを受け止めつつ進んでいくと
なかなかに、2人にしか迎えられない展開に
ドキドキできたなぁと

セナはやっぱり純愛が好き

という訳で、追記はネタばれあり感想なので
ご注意くださいね

(しかもレ二率高くてすみません・・・。)
【READ MORE】

「…元より、俺はこいつの王子なんかじゃない」

レニ~(ノД<。)
かなり反応してしまう
この台詞!

大丈夫、王子に決まってる!

と、素でテレビに言いかけました…(危ない)

PC版はこのセナ愛憎ルート部分、
“セナの悪戯で教室でアーシェを感じさせちゃう”
だったわけで
レニの出番もちらっとだけだったんですよね。

今回のPS2は、儀式を済ませたセナとアーシェが
離れていると、本当に駄目なのかを試す場面に変わってました。
(儀式をするとお互い離れては生きていけないらしい)

教室にいるアーシェと、離れた所にいるセナ。

平気かな?と思ったとたんに
アーシェは具合が悪くなります。

そこで、異変にいち早く気づいたのがレニ!
ずっと見守ってくれてたんだね(´Д`)と
思わずにはいられません

「大丈夫か?」

心配そうなレニの瞳がっ!
更に先生がレニに、
彼女を保健室に連れていきなさいと指示!

先生、グッジョブ(*゚∀゚*)b(笑)

「…別にいいが 」

こう返すレニに
本当に保健室に連れていってもらいたかったぁ

そんな時にタイミング良く(レニ本命な私には、タイミング悪く)
セナが登場。

自分が、彼女を預かると言って
レニからアーシェをかっさらいます(違)

で!
またレニ萌えポイント

セナが抱き起こすと、
レニが鋭い目で睨んでる。

睨んでるっ!!

更に

「まだわかんないの?レニはもう
このこの王子様じゃないんだよ~」

からかうようなセナの発言に
(酷いぃと本気で嘆いた私)

レニは不快な表情を見せるんですけど。(まぁ、当然)

その瞳にはほんの少しだけ
哀しみが混じっているように見えた。
(アーシェ視点)

いやいや
レニとの過去を知ってれば
本当に哀しんでるに決まってるのが
分かっちゃって

もう切なすぎる―…。

セナルートでは、
アーシェを心配するレニの姿が
チラチラ見えてダメなんですよ。
なんどレニの元へ行きたくなったか

って、レニの話ばかりですみません


もちろん、セナも
良い面ありましたよ
ヤキモチという感情を知って、戸惑いつつも
受け止める事ができるようになって。
よりアーシェを愛しく
優しく思うようになったり。

アーシェも
今まで、自分を(結界で)守ってくれていた
レニとセイジュに対して
お礼を言いたいという
新たな場面が入っていて
ちょっと好感度アップ

どうしても双子ルート以外は
アーシェが恋愛に走りすぎてたと思うので
良い変更だったと思います

後は、純愛ルートの追加イベントピクニック。

もっとほんわかした場面かと思ってたんですけど、
実際はアーシェにイライラしてるセナでしたね。

確かに、セナとアーシェの境遇は違いすぎて
セナが、何の苦労も知らず幸せばかりを思うアーシェに
こういった感情を持つのは当然なんですよね。

好き好き言いすぎなくらいで、
明るいセナにこういったシーンが追加されてると
代えって好感度上がりました!

そして次第に、
自分とともに不幸になる事を
選んでくれたアーシェに惹かれてく。
なかなか良い流れじゃないでしょうか


アーシェも儀式を受け入れて、
その力で一生見れないと思っていた青薔薇を
セナに見せるというシーンがあって。

感動しちゃいました、私。

お伽噺の中にいるようなスチル(大好き)にもきゅん!

セナのために出来る事がないかと思って
掃除をする場面が追加されてたりもして。
クレセントの追加は
些細なものでも素敵ですね。

愛憎ルートの、
セナがアーシェに向かって
ナイフ投げをする新たな場面。

すごい見せ方だなと思ったんですけど、
愛憎ルート+深まった2人の絆を考えると
ぴったりな表現だったと思います


PCもPS2もエンドは変わってないけれど。
セナルートはどちらも
エンディングがちょっと苦手です

切なさが残ってしまう―…。

純愛は、セナの優しさがすごく出てるし
普通の人間の女の子になりたいと
思っていたアーシェのある意味願い通りで。
不幸を覚悟した2人から見れば
確かにそれより良い結果になってるんですけど。
もうちょっと幸せなエンディングが欲しいかな
(ハピエン好きな私)

あ!書きそびれましたが
私は純愛の
セナが天使に立ち向かうところが好きだったりします。

力がないのに、それでも必死に戦う姿。
ぐっときてしまうんですよね。


色々書きましたが
セナルートも堪能させていただきました

セナは本編プレイ中は、
まだ苦手意識があったんですけど
つきいろ絵本で好きになれたキャラだったりします。

なので、クレセントクリアしたら
つきいろも再プレイしたいですね
こっちも移植されないかなぁ

脱線しまくりでしたが
感想終わります

次はPS2で
やっぱりどうなる
な気になりキャラ

セイジュに突撃してきます(*゚∀゚*)ノ
[ 2009/07/18 11:52 ] UTM・マイマス | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://wonderutarm.blog52.fc2.com/tb.php/276-dec13ecc














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。