キーワード
白紙の物語はいつか色付く Under The Moon~クレセント~プレイ感想2









 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

 Under The Moon~クレセント~プレイ感想2 

実は、まだレ二しか攻略出来てなかったり・・
レ二が本当に良すぎたので、繰り返しプレイしてます。
今回は、レ二の愛憎ルートの感想です。

レニ

PC版も、レ二の想いの切なさや葛藤が
苦しくなるほどに描かれていて好きだったんですけど

クレセントで、愛憎ルートがさらに好きになりました
これは、やっぱり追加シーンによる所が大きいです

PC版でも
どうしても、行動(束縛)で表現される事が多かった愛憎ルート。

だからこそ、

レ二が自分の中で仕舞い込んでいた想いを
少しでも見せてくれると、ぐっときます。


クレセントでは、そんなレ二の言葉が増えているので、
PC版で流れを知っていてる私でしたが
とても感動してしまったし、
幸せな気持ちでプレイ出来ました


なので、純愛ルートが大好きな私ですが
今回の愛憎ルートもしっかりと、甘さを噛み締めることができました。
うん、とても良かったです

どっちのルートでも
キャラがブレていないのはさすがUTM。

二つのルートをやることで
レ二のアーシェに対しての様々な想いが
分かって、本当に素敵な作品だなって思います。


追記は、ネタばれ有りの感想です。
お気をつけくださいね(^^*)

【READ MORE】

追加シーンで、
こんなにも愛憎ルートを好きにさせてくれたのは

2人の決闘前の
夜のデートシーンでした。
なんて美しい・・・v

レ二のアーシェへの想いはよく分かっていたんですが
やっぱりPCでは、も少し言葉で
表現して~!と密かに思ってたので
素直になったレ二に拍手!

「このままじゃ、魔界に帰れないと思った。
二人で作った人間界での想い出が、
ほんの少しでも楽しいものになるまでは…」

「もう遅いか?
取り返しはつかないか?
俺と過ごしたこの世界での日々は、
おまえにとって辛い物でしかなくなってしまっているか?」

すごく不安がってたんだね(><。)
と切なくなってしまいました。
愛憎ルートのレ二は、
愛あるゆえにとても不器用なんだもの。


「魔界に帰ったら、結婚しよう。
世界中の誰よりもおまえを愛している。
俺以上におまえを愛せるヤツは他にいないだろう。」

なんて甘い愛の言葉でのプロポーズ(*゚∀゚*)
ちょっと愛憎スパイス効いてるのも良いv


嬉し泣きをするアーシェをみて、
また自分が泣かせたのかと不安がるレニ。

愛憎ルートは、強引さや強気なレニが見られるだけに、
こういう些細な事で動転しちゃうとこにきゅんときます!

キスシーンは絵になる美しさでした

愛憎でも、月の下でこんな素敵な二人が見れて
それだけで満足


お伽噺のような、甘さが大好きなんですよ

身体じゃなくて、呪いのリボン(笑)で縛るとか

魔女とお姫様のお話をもってくるとか

上手くレニルートに絡めてくれてて、PC版より優しい甘さがありますね

普通のリボンだ…と明かすときのレニの照れ顔
驚いた
可愛いよ、どうしたのレニ!ってくらい(笑)

看病スチル→一緒のベッドでキス

愛憎ルートという事を本気で忘れかけました…。
え、これ純愛でしょ
みたいな(笑)

ほんわかとしたタッチで、あんなに幸せそうな二人を描かれたら、たまりません!
ネックレスイベントは、相変わらず良かった

レニが、なかなか渡せないでいたんだろうな~と思うだけで
可愛すぎる!

昔これを愛憎ルートで見て、きゅん!としちゃったんですよね。
ツンなレニがこれをするから、良いんだ!!みたいな(笑)



「俺が…おまえの物だ。」

ぎゅっと目を瞑って切なくも辛い表情を見せるから
…ここはPCより、萌えました

PC版は、色々激しかったし(そこもいいけど笑)
なによりレ二の表情がこんな風には変わらなかった(><。)
きーやんの弱弱しく呟くお声ととても合っていて、
本当に素晴らしいシーンに変わったと思います(*゜∀゜*)

なんだかシーンの順番がバラバラになってて
すみません(^^;)


叫びたい所をとにかく書いていたら
こうなっちゃいました(反省)

GOODEDは、純愛の方がすきなんですけど
(悲恋の愛憎ENDも密かに好きだったり。
切なくなっちゃうけど
ああ、想いあってたんだなぁって
よく分かるし。)

ルート的にはどっちも良いなぁ~と
想わずにはいられません。
特に、PS2版の愛憎は
純愛よりも、PC版と変わった部分が多くて
甘さや優しさ、安心さ(笑)
いっぱいでプレイしてました♪
その分レ二のS的な部分は少し減ってたけど
そこはPC版でうきゃーっとします。
(レ二の攻めのお声、色っぽくて素敵すぎる!)

まぁ、レ二ルートはもとから結構安心できるんですけど
問題は彼と彼ですよね!(爆)
PC版では本当にハラハラさせられたなぁ。
PS2でどう変わってるか楽しみでもあります(゜∀゜*)

そんな訳で、セイジュとセナ、
次はどっちにしようかなぁ?(笑)

本当にレ二にはたくさんの甘さと萌えをいただきました!
私の中で、レ二を超えるキャラは
今のトコロ出会ってないです(*^^*)

レ二、本当にありがとう!!

と、これだけ叫んでいると
ちょっと恥ずかしくなってきました(笑)

萌えの暴走って、大変ですね!

[ 2009/06/30 06:54 ] UTM・マイマス | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://wonderutarm.blog52.fc2.com/tb.php/259-fc801221














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。