キーワード
白紙の物語はいつか色付く 読書の冬(^^*)エリオットにきゅん!(笑)









 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

 読書の冬(^^*)エリオットにきゅん!(笑) 

今日は、ちょっとしたハプニングでテストが受けれなくなりました~
早くしないと頭から全部抜けてっちゃうよ~
と思いつつも、まだ読んでいなかった漫画たちを読んでるのんきな私です(笑)
DVC00013.jpg
☆ハートの国のアリス2とバッカーノ!1705です☆

ハートの国のアリス 2―Wonderful Wonder World (2) (BLADE COMICS)ハートの国のアリス 2―Wonderful Wonder World (2) (BLADE COMICS)
(2009/01/10)
ほしの 総明Quin Rose

商品詳細を見る

帽子屋ファミリーの表紙が素敵っ(゜∀゜*)
もちろん、ユリウス達も良い感じ!・・だけど
帽子屋ファミリーは私の中でちょっと別格なので
もう彼らは、家族の中の家族ですね(爆)
やり取りが面白くって、ゲームのイベントやEDですごく笑わせられましたv

2巻にして、結構物語の核を描きつつあって驚きました
(ユリウスルートもなぞっていたり)
絵柄もストーリー展開も好きなので、長く続いて欲しいなぁと思ってるんですが
本誌はどうなっているんだろう??単行本派はもどかしいよ~

(※注:この先、ちょこっと?ネタばれありかもです)

今回は、エリオットにきゅん!して
エースにドキッ!としました^^

・・・なんて表現方法なんでしょう(苦笑)

エリオットは可愛くって、面倒見が良くて、ブラッドを慕いすぎてるところに
本当にキュンっとくるんですよ(>∀<*)ノ
お茶会シーンの表情、反則すぎです(笑)

エースは、色んな意味でドキッとくるんですよね。
格好良いのもそうなんですけど、垣間見せる不安定さに
ハラハラドキドキ

今回は、特にこの2人に惹きつけられちゃった私ですが
ペーターのずれてるけど、アリスへの切ない想いがちらちら見えるとことか
ユリウスのこの世界における常識人で真面目な部分にほっとしたり
単行本後ろページではボリスルート、きた~(>∀<)と喜んだりとかvv

終始キャーキャーでした満足っ

あ、でもブラッドの出番をとっても楽しみにしてます^^♪
今回は出番がちょっとだけだったし
もちろん不機嫌なブラッドも素敵でした

ううん、久しぶりにちょっと暴走しました(笑)
アリスシリーズは最高なので、ついつい^^

バッカーノ!1705―The Ironic Light Orchestra (電撃文庫)バッカーノ!1705―The Ironic Light Orchestra (電撃文庫)
(2007/07)
成田 良悟

商品詳細を見る

☆コツコツ読んでいたバッカーノ!、ようやく11冊目に来ました
密かにDVDも集めていたり
ちなみにグラハムがお気に入りキャラだったりします
グラハムは先にアニメで見ちゃったのですが
杉田さんのテンションの高い演技が最高でした
そんな訳で?、獄中編あたりを是非2期でお願いしたいです(真剣!)
1705はこれから読むわけですが、(恐らく)ひねちゃってる子供時代な
ヒューイの様子が気になってウズウズです~

あ!
下にあるのは今月号のビズログだったり(笑)
これから、どのゲームを買おうか考え中なのです


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://wonderutarm.blog52.fc2.com/tb.php/157-6bba21cb














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。