キーワード
白紙の物語はいつか色付く 深く、染み渡る









 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

 深く、染み渡る 

私は基本
ハッピーエンド
甘い
が好きだったりします。

BL作品に限らないんですけど、
やっぱり幸せになるのが一番だなって。

sweet pool、一周クリアしました。(約6時間程度)

sweet pool 初回生産版 (予約特典 録り下ろしドラマCD「Lost Days」付き)sweet pool 初回生産版 (予約特典 録り下ろしドラマCD「Lost Days」付き)
(2008/12/19)
Windows

商品詳細を見る


プレイ前にあんまり情報を集めていなかったんですよね。
だから思い描いていたゲームと、かなり違ってました。

登場人物についてや、グロさがあるとか知っていたのはそれぐらいで。
普通に主要キャラの中から、選択肢がでて各キャラを攻略していくものだと思ってました。

多分プレイ前に、詳しく情報を集めてたら
プレイするのを躊躇ってたんじゃないかなって思います。

まずグロイのは苦手なほうだし、明確なハッピーエンドがないとか
私の中で、プレイに踏み切れない要因になりえるので。

でもsweet poolは、それを踏まえてでもプレイすべきで、
こうしてプレイできて、本当に良かったと思えた作品でした。

余韻に浸りすぎて、ちょっとブログ(文章)の書き方が
変わってるくらいです。

キーワードが「日常の延長上に描かれる非日常」らしいのですが
ピタリとあてはまってました。

最初は学園内での話が多く、普通の日常であったはずなのに
次第に蓉司の身に、奇妙な現象が起こっていく。

正直、途中でグロさに圧されかけちゃったんですよね;
途中に18禁要素の絡みがあっても、萌えられなかったり。
まだこの作品の主旨を理解してなくて、他のBLゲームと同じような感じで
恋愛要素を期待していた私だったからかもしれません。

序盤は、蓉司の病弱さにハラハラして心配になっちゃったり、
どこから攻略キャラ別ルートに入るんだろうとドキドキしていたりと
そんな想いでプレイしていました。

次第に、グロさが入ってきて、ぞぞっとしつつも
蓉司に近づいてくる哲雄や善弥の存在が気になったり
謎がどう明かされていくのか知りたくて、先をプレイしていました。

この辺りでは、私の中で、もう恋愛要素よりもミステリー要素のほうが
強くなってしまって、とにかくこの奇妙な現象の謎が知りたいっ!
って思ってる感じでした(苦笑)

でもいつからか、哲雄の存在が、蓉司の中に入り込んでくるんですよね。
この過程がすごく丁寧。
気づけば、2人の距離は少しずつ縮まってる。
以降、私も、2人に深い愛を感じることができました。

わりとグロい、グロいと言っている私ですが
途中から慣れて平気になっていました。
というよりも、グロさを上回るストーリー展開がそこにあったからかな、と思います。
切羽詰った状況に追い込まれてしまったり、
切なさとか、そういった感情のほうが遥かに上回ってました。


非日常が起こってこその、日常の中の大切な物に気づく
そんな過程に泣かされる作品でもありましたね。


私が迎えたENDは、どういう位置づけのものかわかりません。
(多分、理性を選びすぎたENDだったと思うのですが;)

終わり方は、従来のBLゲームで言うなら明らかにBAD。
でも、ただBADを迎えて悲しいとか、そういう気持ちにはならなかったんですよね。
余韻が、残るんです。



私の言葉が足りなくて、上手く表現できてないところ
多数ですみません;表現するのって、難しいですね
簡単に言っちゃうなら、「プレイしてよかったゲーム」で済むわけなんですけど
それだけで括っちゃいけないのが、この作品かなって思いました。

もっと、文章表現力があったらなぁ(泣)


気を取り直して!ここからは私らしく

明日でようやく連勤バイトが終わるので嬉しいです^^
sweet pool+バイトでちょっと寝不足気味だったり;

でも、バイトぐらいでへばっている自分が悲しくなります。。
お仕事している方のほうが、もっと大変ですよね
私も弱音を吐かず頑張らなくては

明日の夜には時間があくと思うので、また
ブログを更新できたらな、と思います。


sweet poolもできれば自力でフルコンプできたらいいな。

なんだかんだ言っているけれど、
出来ればこれよりも良い結末があってほしいと思ってしまうのは
やっぱり私の性ですね;

ともあれ、
他にどんな結末があっても、
蓉司の進む道を最後まで見届けたいと思います。

[ 2008/12/23 04:05 ] 咎狗の血&sweet pool | TB(0) | CM(1)

 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2008/12/24 21:51 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://wonderutarm.blog52.fc2.com/tb.php/146-09b675db














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。