キーワード
白紙の物語はいつか色付く コードギアス反逆のルルーシュR2  R2の意味









 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

 コードギアス反逆のルルーシュR2  R2の意味 

ルルーシュ

ギアスの最終回を見ました。。
心にぽっかり穴があいて、何も手につかないです。

とにかく大号泣してしまいました。

mixiのキーワードランキングでも1位。
うん、ルルーシュの生き様を多くの人が見守っていたんですね

ギアスについては感想書いていなかったんですけど
あまりの最終回に、ちょこっとだけ。

ここからはネタばれが入りますので
ご注意ください。
ギアスを見始めたのは、たしか一期終了後、24・25話が放送する前でした。

ちょうどやっていた無料配信で見て、はまりました。
DVDとか買ってしまったし

2期はリアルタイムで見れたことがとにかく嬉しかったです^^
あ、でもバイトのため録画なので、本当のリアルタイムではないけれど(苦笑)

1期は、とにかくルルーシュの頭脳戦を見ているのが好きでした
他キャラの扱い的にも、話の流れ的にも、1期は私の中でかなり完成度の高いアニメでした^^

2期は展開が速いところもあって、ちょっとテレビだけじゃわからない伏線とかあったり
掘り下げが足りないキャラもいたりとかしましたが、
私の視聴時のテンションは変わらず高かったです。

毎週、ギアスを見るのが本当に楽しみでした。


ルルーシュが死んじゃった


何故か私はルルーシュが死んじゃう展開は考えてませんでした(焦)

ゼロがルルーシュの前に現れた時点で、一気に悟ることになったのです。

だからそこから胸が痛くて、本当に張り裂けそうでした。

素早い動きでルルーシュに迫るスザク。
そのわずかな時間に色んな事思い出して、ザックリ胸にきました。

今思い出しても、辛いです。

スザクに刺されたルルーシュ。
ルルーシュを刺したスザク。

この場面、間違いなく最近の中で一番泣きました。

世界の憎しみを受け止めて死んでいくルルーシュ・・・。
その中に、ほんの少しだけ、自分を分かってくれている人達の想いも持って。

最後にナナリーに、本当のルルーシュが伝わって良かった。
敵側になってしまったカレンにも。

一番辛いのはスザクでしょうね。
親友を手にかけて(色々あったけど、根本では親友のままだと思っていたい私)

これからも、この先も。全部背負って生きていかなくちゃいけない。
それも、ゼロとして。

全部受け止めて死んでいったルルーシュと
全部受け止めて生きていくスザク。

2人の最後の会話が頭から離れません。
思い出すたびに、こうして打っているだけで泣いてます。

辛い道だけれど、スザクはルルーシュの言葉さえも受け止めて
世界に尽くしていくのでしょう。


私はハッピーエンドが好きなので
望んでいた展開は、世界の片隅でひっそりと幸せにルルーシュが暮らしていたらなというものでした。
そこには、ナナリーもいて。和解したスザクもいて。生徒会メンバーもいて。

話が進んでいく度に、もうこういった展開は無理だろうし
ご都合主義になってしまうことは分かっていたんですけどね。

でも、ルルーシュ視点で視聴している身としては
彼の苦悩や優しさも知っているわけで。

たくさんの人の命を殺めてきたのも本当で。
それは簡単に清算できるものではないけれど
でも、ささやかに生きることくらいは、許されたんじゃないかなって思います。


けれど、ルルーシュは自分でこの道を選んだんですよね。
悲しいけれど、辛いけれど。
だから、私もこの結末を受け止めなくちゃって思います。

ルルーシュの作った明日を、
どうか残された皆が
彼の想いを知っている人達が
きちんと受け継いでいってくれるといいな。




話はちょっと変わって、タイトルのR2って

R2→R,Rつまりルルーシュの事なんですか!?(遅)
感想を覗いていたら
C,CやV,Vのようにルルーシュは
コード継承して不老不死になってるんじゃないかって書いてあったのを見つけまして。
確かに最後の馬車シーン、気になってはいたんですが。

どうなんだろう??

ルルーシュの死で締められて、
綺麗に終わったギアスですが。

やっぱり、ひっそりとルルーシュには生きていてほしいです。
ほんの少しの幸せくらい持ってたっていいと思います。


とりあえず、ルルーシュ、お疲れ様。


コードギアスに出会えて本当に良かった。
製作してくださったスタッフの方々に感謝です。

ありがとうございました!!
[ 2008/09/29 13:37 ] ヒトリゴト | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://wonderutarm.blog52.fc2.com/tb.php/116-2f897063














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。