キーワード
白紙の物語はいつか色付く UTM・マイマス









 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

 UTM~クレセント~プレイ感想4 

一見優しいのに、思わぬ刺のあるセイジュ
愛憎と純愛ルート両方クリアです

セイジュ

もぉ~!
手の掛かる子ほど愛しいとは良く言いますね(笑)

セイジュはまさにそれです( ´∀`)

特に愛憎ルートのセイジュは大変でした!
スチル回収が上手く出来なくて
初めてイベント回想でフライングするという(爆)
(※グッドエンドを通ると、イベント回想で
殆どのスチルが開いてしまうんです
見てないのまでね、あら。)

選択肢もPC版やってるのに難しい( ´△`)
何回繰り返したことか…(笑)

愛憎のセイジュの心ほど
掴みにくいものはないです


でもその分のめり込んじゃいましたから(*゚∀゚*)
セイジュほんと良いですね。

痛々しい感情だってセイジュの持ち味!

不安定な気持ちを抱えてる分
ぎゅっとしてあげたくなっちゃうんだよ~
(暴走)
クレセントは特に、撫で撫でしてあげたい衝動にかられました!

愛憎と純愛で結構極端なのも
セイジュならではかな
でも本質がブレてないので
あぁ、どっちもセイジュだって思えるし
上手く表現されてます


新規スチル&イベントにも
ひたすら萌えました~
純愛なんか甘さ倍増だったと…(*≧m≦*)
カッコイイセイジュと
可愛いセイジュが見れるんですもん!(爆)
私的には可愛い率が上がったように思えましたv

愛憎は、セイジュへの切なさがぐぐ~んと
PC版より酷い仕打ちが和らいだ分
優しさとその中にある刺の両方に
かなり触れる事になったので
よりセイジュの胸のうちに振り回されて
ハラハラドキドキ。

PC版でもそうでしたが
花と絡んだ話が多いセイジュ。
それに関しても、深く掘り下げてありましたね。

何よりドラマCDネタもバッチリ入っていたので
泣けてきました…。

まさかあのシーンの事も
セイジュの口から聞いてしまうなんて。
もう一回、「あの月の下で」聴こう、うん!


レニの存在が大きく影響するセイジュルートですが
レニ好きの私でも
十分すぎるほどセイジュへと愛情を向けられましたよ(^-^)

やっぱり双子は最高です
レニとセイジュだからこそ
ここまでの物語を紡げちゃうんだなぁ(*゚∀゚*)
ときゅんきゅん!


以下はネタばれありの感想です。
(ドラマCDのネタばれも含みます)

萌え叫びも多いので、
お気をつけくださいね

スポンサーサイト
[ 2009/07/27 03:47 ] UTM・マイマス | TB(0) | CM(0)

 UTM~クレセント~プレイ感想3 

瀬名純愛・愛憎ともにプレイ終わりました

天宮瀬名

セナルートなのに、
レニに目がいってしまう私。
大反省(_´Д`)ノ

もちろんセナも良いと思うんですが
でも、まさかのセナ愛憎で

レニの出番が増えてるっ!

事態に遭遇してしまったので(爆)
レニにきゅん!な歯止めが効かなくなりました―…。
あんなの反則だ

まぁそれは、追記に置いておいて(つ´∀`)つ


セナルートも
特に純愛が良かったなぁと思いました
追加イベント&スチルに
束の間の幸せを感じさせていただきましたし

相変わらず、
魔界の事はおざなりになっちゃうアーシェですが(爆)
これは、しょうがないなぁという目線で見てます
双子以外はどうしてもね
物語最初から分岐があれば
良かったんじゃないかと毎回思ったり。
(パパの力安泰で、自分だけ命狙われてる~とか)

んんっ!
あんまりセナについて書いてない(爆)

PCもPS2もセナの性格は変わってません。
生まれと育った環境により
癖のある子になってるセナ。

そんな彼との恋愛は
やっぱりハラハラしてしまうんですけど

でも、それを受け止めつつ進んでいくと
なかなかに、2人にしか迎えられない展開に
ドキドキできたなぁと

セナはやっぱり純愛が好き

という訳で、追記はネタばれあり感想なので
ご注意くださいね

(しかもレ二率高くてすみません・・・。)
[ 2009/07/18 11:52 ] UTM・マイマス | TB(0) | CM(0)

 特典はフルコンプ~クレセント~ 

レ二のルートが終わって
改めて、私の中で一番好きな乙女ゲームだなって思った
Under The Moon
(私の中で、theがどうしても大文字になっちゃうのはご愛嬌)

PC版とドラマCD、
そしてクレセントを合わせて、
本当に大好きって思える作品です。

Under the Moon ~クレセント~(初回限定版:「豪華設定資料集」&「録り下ろしドラマCD」同梱) 特典 Amazon.co.jpオリジナル ドラマCD付きUnder the Moon ~クレセント~(初回限定版:「豪華設定資料集」&「録り下ろしドラマCD」同梱) 特典 Amazon.co.jpオリジナル ドラマCD付き
(2009/06/25)
PlayStation2

商品詳細を見る


ゲームは
レ二ルートを繰り返してばかりいて、フルコンプには
もう少し時間が必要な私ですが
クレセント特典は、本日無事にフルコンプ出来ました(^^*)

DVC00169_20090630071129.jpg

ちょっと嬉しいです(゜∀゜*)
同じレーベルが二つあるのは、
アマゾンさんのレーベルが間違ってしまったそう。

後で交換していただけるみたいなので
(収録内容自体はきちんとあっているし)
ゆっくり待っていようと思います

それにしても、これだけ特典を集めるのは
もうなかなか出来ないかな^^;

メッセさんの特典はもう感想を書かせてもらったので
(拍手ありがとうございます~)

次は、メディアランドさんか
アニメイトさん辺りを書ければいいなと思ってます。

でも、クレセントフルコンプが先かな?
フルコンプのご褒美はあるのか
気になるので

寂しいけれど、いったんレ二ルートを離れて
他キャラをプレイしてきます~(^^*)

[ 2009/06/30 07:26 ] UTM・マイマス | TB(0) | CM(0)

 Under The Moon~クレセント~プレイ感想2 

実は、まだレ二しか攻略出来てなかったり・・
レ二が本当に良すぎたので、繰り返しプレイしてます。
今回は、レ二の愛憎ルートの感想です。

レニ

PC版も、レ二の想いの切なさや葛藤が
苦しくなるほどに描かれていて好きだったんですけど

クレセントで、愛憎ルートがさらに好きになりました
これは、やっぱり追加シーンによる所が大きいです

PC版でも
どうしても、行動(束縛)で表現される事が多かった愛憎ルート。

だからこそ、

レ二が自分の中で仕舞い込んでいた想いを
少しでも見せてくれると、ぐっときます。


クレセントでは、そんなレ二の言葉が増えているので、
PC版で流れを知っていてる私でしたが
とても感動してしまったし、
幸せな気持ちでプレイ出来ました


なので、純愛ルートが大好きな私ですが
今回の愛憎ルートもしっかりと、甘さを噛み締めることができました。
うん、とても良かったです

どっちのルートでも
キャラがブレていないのはさすがUTM。

二つのルートをやることで
レ二のアーシェに対しての様々な想いが
分かって、本当に素敵な作品だなって思います。


追記は、ネタばれ有りの感想です。
お気をつけくださいね(^^*)

[ 2009/06/30 06:54 ] UTM・マイマス | TB(0) | CM(0)

 UTM~クレセント~「どきどきクッキング」感想 

今まで聴いたクレセント特典の中でもお気に入り

DVC00166.jpg


メッセサンオー特典
「どきどきクッキング」
出演は3人

レニ   (CV:谷山紀章)
セイジュ (CV:遊佐浩二)
??? (CV:浜田賢二)

主人公が愛しいが故に繰り広げられる彼らの

ダメっぷりが

堪らないCDでしたっ( ´∀`)うわ~

なかなか見られない(聴けない)姿に
笑いと萌えが止まらなかったです
まだニヤニヤしちゃってますよ~重症。

主人公を巡っての微妙な張り合い具合
皆の魅力的なダメっぷりと(笑)
レニのツンでれ
(今回は、最後までツンv)

が遺憾なく発揮されてるので、かなり素敵なCDになってます

すごく真っ赤になってる(であろう)レ二が実際に見たいv

あわわ。
セイジュもすっごく可愛い~!って思っちゃいました
危なく心を持っていかれそうに…ぎゅっとしたくなった(笑)

???は、長所である寛容さと真剣さが、
今回は笑いを誘う(*゚∀゚*)←誉め言葉
落ち込み具合に、萌えました

おおまかな内容は
どきどきクッキングとだけあって
お料理に関係するお話です。

主人公が学校の選択授業で
調理実習を選択して、

それを心配するレ二とセイジュと???が
影から様子を見守ることに。

だけど、彼らは主人公を溺愛v心配してるので
困っている姿を見ると
・・・次々に手を貸してしまうという(笑)
流れになってました。

ゲームの小ネタが結構ちりばめられてて、
多分本編をプレイしてるとより楽しめると思います(^-^*)


追記は、ネタバレありの感想を書こうと思うので
ご注意くださいね。

(注:やっぱり編集中;)
→29日に書きあがりました^^*

[ 2009/06/28 02:59 ] UTM・マイマス | TB(0) | CM(0)













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。